スピリーバ/呼吸が拡がると、自由が広がる

呼吸が拡がると、自由が広がる

▼スピリーバとは?

「スピリーバ」は、抗コリン薬と呼ばれる気管支を広げる気管支拡張剤です。喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使用します。対症療法薬なので、病気そのものは完治出来ません。しかし、症状の悪化によって起こる悪循環を断ち、慢性閉塞性肺疾患(COPD)については、病の進行を遅らせる効果が期待できます。

▼慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?

慢性閉塞性肺疾患:COPDとは呼吸障害の総称で、気管支や肺胞に異変が生じ、気道の流れが悪くなる病気です。症状としては、咳や痰が多くなり、息切れしやすいなど、動いた時の呼吸困難が特徴です。具体的には、肺気腫と慢性気管支炎を指します。当初は喘息もCOPDに含まれていましたが、疾患の性質上区別されました。

▼COPDの第一選択は抗コリン薬(追記:2018年4月)

2018年4月、日本呼吸器学会が5年ぶりに「COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン」を改訂しました。

今回の改訂のポイントは、安定期の治療のメインとなる長時間作用性気管支拡張薬について、β刺激薬(LABA)よりも「スピリーバ」などの抗コリン薬(LAMA)を第一選択薬として推奨しているところです(患者の容態によっては配合剤が第一選択薬)。

抗コリン薬(LAMA)がβ刺激薬(LABA)よりも優れた増悪抑制効果を示した直接比較試験が重要視された結果です。なお、前回のガイドラインでは、LABAとLAMAの間に優先順位を設けていませんでした。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、気管支拡張薬の単剤療法から始めて、治療効果が不十分な場合に多剤併用へ切り替える治療方針が基本となっていますが、患者の重症度(症状の程度や症状悪化の頻度)に応じて、LABAとLAMAの配合剤を第一選択薬に使用する場合もあるということです。

▼COPD治療薬市場の動向

COPDの適応がある吸入型の気管支拡張剤は、「スピリーバ」「オンブレス」「ウルティブロ」「シーブリ」などがありますが、処方数では外用剤の気管支拡張薬「ホクナリンテープ」(ツロブテロール)がトップです(2014年度)。1日1回貼るだけで済む手軽さと、小児の気管支炎にも使えるというメリットで処方が増えています。





吸入型だけで見ると、ベーリンガーインゲルハイムの抗コリン薬「スピリーバ」の処方金額が約184億円と圧倒的です。ノバルティスファーマの「オンブレス」が約23億円、「ウルティブロ」が約19億円、「シーブリ」が約10億円となっており、ノバルティスの主要3品目の金額を合わせても「スピリーバ」にかないません(2014年度)。

▼広告のビジュアルについて

広告のビジュアルは、都会の海辺をジョギングする女性の写真です。場所は、お台場のあたりでしょうか。イラストのような雰囲気を持った写真です。【Asthma】という文字が薬の蒸気で吹き飛ばされている様子が描かれています。【Asthma】とは、ぜんそくという意味で、ギリシャ語の「あえぎ,息苦しさ」が語源になっています。



一般名:チオトロピウム臭化物
製品名:スピリーバ吸入用カプセル18μg、スピリーバ1.25μg
気管支拡張剤・他/抗コリン薬/長時間作用型吸入気管支拡張剤
日本ベーリンガーインゲルハイム

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ホクナリン/処方数No.1の気管支拡張薬

  2. アサコール/より大腸に特化した潰瘍性大腸炎治療剤

  3. アルダクトン/アルドステロンブロックの可能性を求めて

  4. オングリザ/投薬期間制限解除

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

人気の記事

  1. Strong & Powerful アレルギー性鼻炎の小児適応が追加されました。
  2. 世界中の「治したい」に、こたえたい。私たちには、こたえる使命がある。
スポンサードリンク