リリカ/痛みのシグナルを抑える

▼リリカとは?

「リリカ」は、神経痛を緩和させる薬です。主に神経障害性疼痛に使用されています。痛いときにだけ服用する薬ではなく、一定期間服用し続けることで効果を発揮する疼痛治療薬です。そのため、25mg、75mg、150mgと多くのラインナップが存在します。医師の指示に従って、服用量や服用回数を調整することを想定しています。

身体に薬の成分を慣れさせるために、使い始めは少量から開始するのが一般的です。身体が慣れてきたら、痛みが緩和されるまで少しずつ投与量を増やしながら、その患者に適した服用量を見つけていきます。

薬の効果が表れるまでには、時間がかかることがあり、体格や年齢などによって効き目に個人差もあります。少しずつコツコツと治療を続けて、痛みの軽減とともに、痛みによって制限されていた生活の質の向上を目指してゆく、という薬です。

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg

▼痛みの種類

痛みには大きく分けて2種類の痛みがあります。怪我や打撲などの“炎症の痛み”と神経が圧迫されたり、何らかの神経障害によって起こる“神経の痛み”です。「リリカ」は、神経の痛みに対して使用される治療薬で、過剰に興奮した神経から出てくる“痛みのシグナルを抑える”という効果があります。

▼リリカの注意点

副作用として、めまい、眠気、意識消失が報告されています。人によっては体重が増えることがあります。高齢者の方はめまいがきっかけとなり、転倒して骨折してしまう、というケースもありますので注意が必要です。転倒骨折は、寝たきりの主要な原因のひとつと言われています。また、心臓や腎臓に障害を持った人、透析を行っている人は医師に必ず相談してください。

▼リリカの売上

「リリカ」の国内での売上(薬価ベース)は、2017年度時点で932億円。これは、国内での医療用医薬品全体でトップの売上高です。

「リリカ」は、2016年の薬価改定で“市場拡大再算定(年間販売額が極めて大きい製品の薬価を下げる特例)”を受けていなければ、年間売上1000億円を超えるブロックバスターになっていたはずです。

▼トラムセットとの違い

「トラムセット」は痛み止めのアソトアミノフェンと、トラマドールという麻薬のモルヒネに似た薬の配合剤で、切った・ぶつけたといった怪我や炎症、それからヘルニアなど、痛み全般に効きますが、神経因性疼痛にはあまり効果がありません。

「トラムセット」が適応となるのは、一般的な鎮痛薬では十分な効果が得られない痛み(リウマチや長年の腰痛、変形性関節症、帯状疱疹後の痛み、糖尿病性神経障害性疼痛)、または大掛かりな手術で抜歯した後の痛みなどです。「リリカ」とは作用の仕組みが異なります。

「リリカ」は神経痛をやわらげる薬で、主に神経障害性疼痛に用います。痛みを伝える神経が傷ついていることで起こる痛みや、中枢性疼痛という脳や脊髄が要因となっている痛みに効果を発揮します。もともとは、けいれんを改善する薬でした。なお、「リリカ」と「トラムセット」を併用することも可能です。

▼広告のキービジュアル

「リリカ」の広告のキービジュアルは、雷雨のあとの虹です。この“雷と虹”というコンセプトは、おそらく十年以上変わっていないと思います。雷が痛みのイメージで、虹が寛解した様子を表しています。


一般名:プレガバリン
製品名:リリカカプセル25mg,75mg,150mg
疼痛治療剤(神経障害性疼痛・線維筋痛症)/末梢性神経障害性疼痛治療剤
ファイザー
エーザイ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ネシーナ/投薬期間制限解除

  2. レルベア/24時間の効果を1吸入で

  3. ラロキシフェン/エビスタジェネリック

  4. トラゼンタ/明るい未来へ、一歩ずつ。

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

人気の記事

  1. 時代が 進む 瞬間がある▼ソバルディとは?「ソバルディ」は、C型肝炎のウイルス増加をおさえる...
  2. 患者さんの声にこたえたくて、マルホはヒルドイドソフト軟膏0.3%50gチューブを発売しました...
スポンサードリンク