サノフィ

IL4/13抗体「ドゥピルマブ」/アトピー性皮膚炎
サノフィの企業広告です。アトピー性皮膚炎の新治療薬「ドゥピルマブ」(IL4/13抗体)発売のための布石として掲載されました。アトピー性皮膚炎についての記事広告がセットでした。

企業広告は、社会貢献活動、文化活動、経営理念などを外へPRしていくことによって“社会的信用を高める”という効果があります。つまり親密度や信頼度を高めて、自分の会社のファンになってもらう、ということです。いわゆるブランディングの一環です。たとえば、人が同じ性能で同じ価格の製品を選ぶ場合、「環境に配慮している」とか「誠実で信頼できる」などといった企業のイメージで差をつけるからです。

企業広告は、企業のイメージアップを図ることで、結果として、自社製品の売上拡大に寄与することを狙っていますが、メリットはそれだけではありません。企業広告の効果は、例えば「あの会社だったら、働いてもいいな」といった優秀な人材の確保や「世間から立派な会社だと思われているし、自分も見合うように頑張らなくちゃ」といった従業員の意識にも充分な効果を発揮すると言われています。

いままでは、製品広告と企業広告は完全に分離して存在していましたが、最近では、製品広告と企業広告を一体としてとらえる発想が強まっています。医薬広告で言うと“C型肝炎”“疼痛”などの領域ごとで、企業広告を打ってくるケースです。これらは、企業広告を一歩推し進めて、製品の売上に繋げることを想定しています。製薬企業も商売ですから、やはりいろいろなことを考えて、仕掛けを練っているのです。

キードクター
戸倉新樹(浜松医科大学皮膚科学講座 教授)
椛島健治(京都大学医学研究科皮膚科学教室 教授)

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. 田辺三菱 糖尿病治療剤

  2. フェブリク/高尿酸血症治療はフェブリクで

  3. トルリシティ・アテオス/いつ注射を打つ?いつでも

  4. ミカムロ、ミカルディス/二つの強さ

スポンサードリンク

コラム

  1. 不適切な広告事例

    先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。

注目の医薬広告

  1. キャッチコピー 「日本人のエビデンス」高血圧症は世界で最も患者数が多い疾患であり、国内では約...
  2. その先の投与量へ。低血糖を避けるため、つい消極的になってしまいがちな基礎インスリン投与量。