パリエット/逆流性食道炎にも優れたプロトンポンプ阻害剤

▼パリエットとは?

「パリエット」は、逆流性食道炎などの消化器疾患治療薬として1997年に発売されたプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。昔は胃潰瘍で手術するということもよくあったのですが、PPI製剤という強力な胃酸抑制薬が登場してから、胃の摘出手術は激減しています。

普段胃酸は、侵入してくる“菌”から胃腸を防御する重要な役割を果たしています。しかし、胃壁が弱っている時に胃酸が逆流すると、食道を傷つけたり、胸焼けを起こしたりします。「パリエット」には強力な酸分泌抑制の効果があり、胃酸の分泌を強くに抑え、胃酸によって起こる悪影響を軽減します。結果的に、逆流性食道炎や胃潰瘍の状態が良くなり、胃痛や胸焼けも軽減されます。アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因で胃が荒れてしまった場合の痛みにも有効です。

PPIの他に胃酸の分泌を抑える薬には、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)、M1ブロッカー(選択的ムスカリン受容体拮抗薬)があります。どちらも逆流性食道炎に効果がありますが、効果としては、PPI>H2ブロッカー>M1ブロッカーの順で強力です。治療の初期はPPI、長期の維持療法にはH2ブロッカーを使うのが一般的です。個人差もありますが、PPI製剤の中では「パリエット」が一番胃酸分泌抑制効果が強い薬と言われています。また、他の薬との相互作用(飲み合わせ)がないという特徴があり、広く使用されています。

▼他のPPI(プロトンポンプインヒビター)との違い

オメプラール 一番薬価が安いPPI
タケプロン OD錠あり。副作用が少ない
パリエット 効果が一番強い。薬価も高い(20mg)
ネキシウム 効果が速く強い
タケキャブ タケプロンの改良版。速効性で持続型

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、手塚治虫先生の“鉄腕アトム”。誰もが知っているアトムは身近な存在ですが、逆流性食道炎がどんな病気か知っている人は多くはないでしょう。

知名度が高く、身近な存在である鉄腕アトムと一緒に、この病気をもっと広く知って欲しいという願いから起用されました。

手塚作品のキャラが漫画の世界を離れて医薬品広告と結びつき、人々の生活の中に入り込んでいるという事実は、作者と医薬品との素晴らしい関係性を表していると感じます。

一般名:ラベプラゾール ナトリウム
製品名:パリエット錠5mg,10mg,20mg
消化性潰瘍用剤/プロトンポンプ阻害剤/胃腸薬
エーザイ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. オルメテック/日本人のエビデンス

  2. ファイザー/がんを学ぶ

  3. スーグラ/2型糖尿病治療の新パートーナー

  4. クラリチン/眠くなりにくいアレルギー薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

人気の記事

  1. ノルバスク更なる飛躍 選択肢が広がりました24時間、日本の血圧をコントロールする降圧薬。
  2. その先の投与量へ。低血糖を避けるため、つい消極的になってしまいがちな基礎インスリン投与量。
スポンサードリンク