武田薬品工業/糖尿病治療薬のラインナップ

Better Health, Brighter Future

Best Answer in Diabetes Care
患者さん一人ひとりに最適な糖尿病治療を。

武田薬品工業の糖尿病領域の企業広告です。企業広告は、社会貢献活動、文化活動、経営理念などを外へPRしていくことによって“社会的信用を高める”という効果があります。つまり親密度や信頼度を高めて、自分の会社のファンになってもらう、ということです。いわゆるブランディングの一環です。たとえば、人が同じ性能で同じ価格の製品を選ぶ場合、「環境に配慮している」とか「誠実で信頼できる」などといった企業のイメージで差をつけるからです。

企業広告は、企業のイメージアップを図ることで、結果として、自社製品の売上拡大に寄与することを狙っていますが、メリットはそれだけではありません。企業広告の効果は、例えば「あの会社だったら、働いてもいいな」といった優秀な人材の確保や「世間から立派な会社だと思われているし、自分も見合うように頑張らなくちゃ」といった従業員の意識にも充分な効果を発揮すると言われています。

いままでは、製品広告と企業広告は完全に分離して存在していましたが、最近では、製品広告と企業広告を一体としてとらえる発想が強まっています。医薬広告で言うと“C型肝炎”“疼痛”などの領域ごとで、企業広告を打ってくるケースです。これらは、企業広告を一歩推し進めて、製品の売上に繋げることを想定しています。製薬企業も商売ですから、やはりいろいろなことを考えて、仕掛けを練っているのです。

▼アクトスとは?

「アクトス」は、“チアゾリジン系(グリタゾン系)”と呼ばれる糖尿病治療薬です。インスリン抵抗性改善薬に分類されます。ジェネリック(後発医薬品)も各社から発売されています。

「アクトス」は、インスリンに対する体の感受性を高める作用をします。結果的に、インスリンの働きがよくなり、血糖値が下がります。一般的に、2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)の患者に処方されます。日常的に血糖値をコントロールすることで、神経障害、網膜症、腎臓病といった合併症のリスクを軽減することへと繋がります。

▼ネシーナとは?

「ネシーナ」は、選択的DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ4)阻害剤と呼ばれる2型糖尿病治療剤です。血糖値を調節するホルモンであるインクレチンを分解する酵素をブロックし、血糖値に応じてインスリン(血糖値を下げる働き)の分泌を促進して、血糖コントロールを良好にします。つまり、インスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げる薬です。

「ネシーナ」は、DPP-4阻害剤としては、国内3番目の治療薬です(2010年発売)。DPP-4阻害剤は従来の糖尿病治療薬と違って、インスリンを過剰に分泌させません。低血糖のリスクがほとんどなくなるということです。DPP-4阻害剤は新しい種類の薬なので、薬価が高いのがデメリットです。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、虹と5人の患者。主に中年以降の様々な年代の患者が一列に並んで、笑顔を見せています。着ているシャツの色が、それぞれ糖尿病治療薬の製品カラーとなっています。豊富なラインナップを伝えつつ、爽やかな広告に仕上がっています。

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ケタス/脳卒中ガイドライン2004に記載

  2. ジェニナック/吸収性に優れ、点滴に匹敵する効果

  3. フェブリク/投薬期間制限解除

  4. ダクルインザ・スンベプラ/NS5A複製複合体阻害薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. AG Authorized Generic発売準備中▼イルベサルタンとは?『イルベサ...
  2. ▼シングレアとは?「シングレア」は、新しい作用機序の抗アレルギー薬です。
スポンサードリンク