MSD/100年続く医学書「メルクマニュアル」

医薬の未来の、新たな1ページを開こう。
2010 万有製薬とシェリング・プラウがひとつになり、MSDとして、日本での活動を開始。
1899 メルクマニュアル出版開始。

すべての患者さんの、みらいをすこやかにするために。私たちMSDは様々な製品を通じ、世界140カ国以上で革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また100年以上にわたり出版し、17の言語に翻訳されている医学書「メルクマニュアル」は専門家や一般家庭で広く愛読されています。

2010年10月。万有製薬とシェリング・プラウがひとつになり、MSD株式会社として、日本での活動を開始します。幅広い疾患領域にわたる充実した製品群と開発パイプラインにより、日本の医療ニーズに応えてまいります。

▼MSDとは?

MSD(メルク・アンド・カンパニー)は、世界140カ国以上で、医療用医薬品やワクチンなどを製造販売する世界的な製薬会社です。

2011年の売上高は480億ドル。社員数は約8万6千人(2011年現在)。ダウ平均株価(米国の日経平均株価のようなもの)の構成銘柄に選ばれている大企業です。日本では、2010年10月に萬有製薬とシェリング・プラウの合併を機に日本法人“MSD株式会社”となったことで有名です。

抗がん剤の「キイトルーダ」、AGA治療薬の「プロペシア」 、睡眠薬の「ベルソムラ」、糖尿病治療薬「ジャヌビア」、世界初のHIVインテグラーゼ阻害剤「アイセントレス」など、ドクターからニーズの高い新しい作用機序を持つ薬の開発に積極的に取り組んでいます。MSDの製品開発力は業界トップクラスであり、開発力・科学力がMSDの強みと言えます。



▼2016年度研究開発費トップ5

1位:ロシュ 11,704百万ドル
2位:ジョンソン&ジョンソン 9,124百万ドル
3位:ノバルティス 9,039百万ドル
4位:ファイザー 7,872百万ドル
5位:MSD(メルク) 7,194百万ドル

▼製薬会社のブランド

企業広告には、社会貢献活動、文化活動、経営理念などを外へPRしていくことによって“社会的信用を高める”という効果があります。機械メーカーの村田製作所が、盆と正月に実家へ帰省する社員が家族に認められるためにTVコマーシャルを流した、というのはあまりにも有名な逸話です。

製薬会社のブランドとは、ユーザーの立場から考えれば、実際に使用した製品、広報活動、広告などを通じて、その人の中で構築されるイメージの総体です。

一方、製薬会社にとってみれば、ブランドとは事業内容そのもののことを指す場合が多いです。ブランドとは、企業理念や存在意義を凝縮したものであり、社会との接点です。ブランドは、決して漠然としたイメージ戦略ではなく、製薬企業の社会的価値の総体を指します。

社会にとって有意義なブランドであれば、そこに関わる人は、そのブランドを応援してくれます。長期的な視点で、付加価値を安定的に出し続けるためには、ブランドという仕組みを活用する必要があるのです。

▼行動が企業のイメージを定着させる

では、どのようにして企業のイメージは定着していくのでしょうか?
大ヒット映画『バットマン・ビギンズ』の名科白にこういう言葉があります。

「人間は中身ではなく、行動で決まる」

製薬企業の多くは、その社会的責任を果たすために、CSR(corporate social responsibility)というものに取り組んでいます。例えば、森林再生プロジェクトや社会福祉への貢献、アンメットメディカルニーズに応えるといった活動です。しかし、口先だけなら誰にでも出来ます。結局、世間の人々に「この製薬企業は本当に社会に貢献しているなあ」と感じてもらえなければ成功とは言えません。

▼どうしたら、信じてもらえるのか?

企業のイメージを定着させるには、企業の人柄に合った活動を行っているかどうかで決まります。つまり、企業イメージを反映した行動をとることが重要なのです。人々が抱く企業イメージとかけ離れた行動を取ると、人は必ず違和感を覚えます。

例えば、敵対的買収を繰り返して大きくなっているような会社が「弱者にやさしい社会の実現を目指します!」と言っても、偽善的に映ってしまいます。製薬企業は、自分たちのイメージを分析して、ユーザーの反応を想定した上で企業活動を展開していかなくてはなりません。

これを逆手に取れば、その製薬企業らしい活動をしっかり続けてさえいれば、それが世間に定着して高い評価へ繋がっていく、ということになります。

エーザイのように終始一貫して、その製薬企業らしい行動をコツコツと続けることが、将来的な企業イメージの定着に繋がり、ブランディングの成功につながるというわけです。

▼関連項目


▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、100年以上続く医学書「メルクマニュアル」。“医薬の未来の、新たな1ページを開こう”というキャッチコピーとマッチした上品でキービジュアルです。

左に年表を配置することで、MSDの持つ歴史と実績が感じられるつくりになっています。布の隙間から、ちらりと覗く新会社“MSD”のロゴが登場感を煽っています。

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ガスモチン/機能性ディスペプシアの治療に

  2. ベザトール/冠動脈疾患患者の糖尿病発症を抑制

  3. ネドリール/ラミシールのジェネリック

  4. プラビックス/脳梗塞、心疾患、末梢動脈疾患の予防に

スポンサードリンク

コラム

  1. 誰のためのAGなのか?

    ▼オーソライズドジェネリックとは?オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品...

人気の記事

  1. 拡がる、可能性。
  2. ▼サインバルタとは?「サインバルタ」は、憂鬱な気分を改善して、やる気を高める抗うつ薬です。
スポンサードリンク