アレグラ/10周年、新ビジュアル登場

発売10周年を記念して、アレグラのビジュアルが新しくなりました。
すべては患者さんのために効果と安全性に応えて10年
これからもアレグラ!

▼アレグラとは?

「アレグラ」は、アレルギー性鼻炎による“くしゃみ”“鼻水”の症状を改善する薬です。抗ヒスタミン作用のある成分フェキソフェナジン(アレグラ)が血管を収縮させることで、鼻の粘膜でくしゃみ・鼻水をブロックします。

「アレグラ」は非鎮静性の薬で、脂溶性が低く脳に入りにくいため、眠くなりにくいのが特徴です。実際に自動車運転試験やパソコン入力試験などによって、眠気の副作用が検証されました。その結果、服用後の車の運転禁止や機械の運転禁止といった、眠気に関する制限事項を持たないアレルギー薬となりました。

アレグラアレグラ30mg
アレグラ30mg(アレグラFXジュニア・小児用)10錠
アレグラジェネリック180mg

▼アレルギー性鼻炎は、患者によって多種多様

アレルギー性鼻炎の治療は、患者のタイプや状態によって様々です。医師に自分に合った薬を選んでもらうことが大切です。アレルギー性鼻炎の症状は、花粉などの量によっても変動しますので、季節によって薬を切り替えることもあります。症状が軽くなったり、重くなったりした場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

▼アレグラの副作用

従来品の抗ヒスタミン薬と比較すると、眠気の副作用は改善されています。主な副作用として、頭痛、眠気、吐き気などが報告されています。深刻な副作用はほとんどありませんが、服用が長期になるときは、定期的な肝機能検査が推奨されています。

▼アレグラの売上

抗アレルギー薬の売上は、「アレグラ」と「タリオン」がトップツーでしのぎを削っています(2017年度にタリオンが逆転首位)。「アレグラ」と「タリオン」は同じヒスタミンH1系の第2世代の抗ヒスタミン薬ということもあり、良く比較されるライバルです。どちらも新薬の特許が切れてジェネリック(後発品)が出ており、全盛期に比べて売上は下降気味です。

「タリオン」には重大な副作用は今のところ報告されていませんが、「アレグラ」に関しては%は低いものの肝機能悪化の副作用報告があります。「タリオン」も「アレグラ」も長期で服用する場合は、飲み始めから数ヶ月間は、定期的に肝機能検査を受けた方が安心です。

タリオンの売上 2015年度:168億円 2016年度:189億円 2017年度:169億円
アレグラの売上 2015年度:272億円 2016年度:222億円 2017年度:168億円

▼アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)の比較

アレルギー性疾患に対する治療薬には作用機序の異なる多くの製剤が出ていますが、抗ヒスタミン薬の選択でポイントとなるのは、【作用時間】(1日1回投与か1日2回か)と【インペアード・パフォーマンス】(非鎮静性かどうか)という点です。近年は、眠気などの中枢神経抑制作用を軽減した【非鎮静性】で長時間作用型である第2世代抗ヒスタミンH1受容体拮抗薬の使用頻度が高くなっています。

非鎮静性 脳内受容体占拠率:10%以下
軽度鎮静性 脳内受容体占拠率:10〜50%
鎮静性 脳内受容体占拠率:50%以上

※インペアード・パフォーマンス:抗ヒスタミン薬の副作用で、集中力や判断力、作業能率が低下すること。10%以下であれば【非鎮静性】に属し、インペアード・パフォーマンスは起こりにくい。

抗ヒスタミン薬の比較

抗ヒスタミン薬の比較


※効果の強さと眠気については各製品の添付文書とインタビューフォームを基に比較しました。投与量が一定ではないため、主観を交えて調整しております。
※効き目や副作用には個人差があります。

アレロック 眠気高い、効果強い、比較的速く効く、1日2回、軽度鎮静性
ジルテック 眠気やや高い、効果やや強い、1日1回、アルコール注意、軽度鎮静性
タリオン 眠気やや低い、効果やや弱い、1日2回、非鎮静性
デザレックス 眠気低い、効果弱い、1日1回食事に関係なく服用可、非鎮静性
クラリチン 眠気低い(パイロットも服用可)、効果弱い、1日1回、薬価安い、非鎮静性
アレグラ 眠気低い(運転OK)、効果弱い、1日2回、非鎮静性

※効き目や副作用には個人差があります。





▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、俳優の向井理似のイメケン消防士。発売から十周年ということで、ビジュアルが刷新され、新しくなりました。

アレルギーによる炎症を火事に喩えて、消防士で“火消し(炎症改善)”を表現しています。信頼感を感じる人物と、熱い想いがこもったキャッチコピーがマッチして、誠実な広告に仕上がっています。

作用機序や製品の特徴など、他の要素を極力排除し、シンプルな写真に強いコピーを合わせることで、誠実な雰囲気の中にも力強いメッセージを感じる構成となっています。

一般名:フェキソフェナジン塩酸塩
製品名:アレグラ錠30mg,60mg、アレグラOD錠60mg、アレグラドライシロップ5%
アレルギー性疾患治療剤/抗ヒスタミン薬
サノフィ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. メトグルコ/ガイドライン改訂後も第一選択薬継続へ

  2. CLIP/認知症予防対策プロジェクト

  3. アシスト/安心して抗がん剤治療を継続するために

  4. カルブロック/安心の高血圧治療薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 企業広告に隠された利点

    皆さんは、企業広告というものをどのくらい気にかけていますか?正直に云って、あまり気にしていない方...

人気の記事

  1. ▼セレコックスとは?「セレコックス」は炎症を鎮めて、腫れ・発赤・痛みなどの症状を和らげる薬です。
  2. 新しい眠りの世界へ。▼ベルソムラとは?「ベルソムラ」は2014年に発売された睡眠薬です。
スポンサードリンク