ラジレス/10余年ぶり新規作用機序の降圧薬

降圧力×持続力

▼ラジレスとは?

「ラジレス」は、直接的レニン阻害剤と呼ばれる高血圧症の薬です。降圧薬としては、十余年ぶりの新規作用機序を持った薬として登場しました。

血圧調節において重要な働きをするレニン-アンジオテンシン系酵素のレニンに作用し(DIRECT RENIN INHIBITOR)、血圧上昇の原因となるアンジオテンシンの産出を低下させて血圧を下げます。

正式な適応症は高血圧症ですが、心臓病(心不全)や腎臓病(腎硬化症、糖尿病性腎症)に対する効果も期待されています。持続性があるので1日1回の服用で十分な血圧コントロールが可能です。単独投与のほか、効果増強のため他の降圧薬との併用療法もおこなわれます。

デメリットとして、食事の影響を受けやすいことが挙げられます。また個人差があって、血中濃度がばらつきやすいという報告があります。そのせいで、規則正しい食事時間で、毎日同じ条件で服薬を続ける必要があります。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、血圧計から飛び出したメタルの人間。映画「ターミネーター2」の宿敵“T-1000”のような流体多結晶合金(液体金属)製のボディで、インパクトがあります。“持続力”ということで、T-1000がマラソンをしています。

ただ、こういうCGものは経年劣化が早いのが欠点ですね。後から見ると少し古臭く感じてしまいます。水銀式血圧計は、もはや診察室には皆無だと思います。

一般名:アリスキレン フマル酸塩
製品名:ラジレス錠150mg
降圧剤/直接的レニン阻害剤
DRI:DIRECT RENIN INHIBITOR
ノバルティスファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. リオナ/リンの吸収を抑制する高リン血症改善薬

  2. インスリン グラルギン/実績ある有効成分、信頼のデバイス

  3. シュアポスト/併用効能追加

  4. グラクティブ/国内初のDPP-4阻害薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 長期収載品の今後/環境変化は新たなチャンス

    ▼7000億円以上の売上減いままで、長期収載品は、研究開発費を回収したあとは、売れば売るほど利益...

人気の記事

  1. SGLT2 GUARD▼デベルザとは?「デベルザ」は、血糖を下げる糖尿病の薬でSGLT2阻害...
  2. 更なる血糖降下、その先にある患者さんの未来のために▼トラディアンスとは?「トラディアンス」(...
スポンサードリンク