カロナール/古くから使われ続けている解熱鎮痛薬

成人の鎮痛領域に1回300〜1000mg、1日4000mgまで投与可能となりました。
効能追加「変形性関節症」にも!

▼カロナールとは?

「カロナール」は、古くから存在する穏やかな効果の解熱鎮痛薬です。皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用のほか、脳が痛みの信号をキャッチするのを弱める効果があります。対症療法薬ですので、痛みの原因本体を治す薬ではありません。

カロナールの成分“アセトアミノフェン”は、古い昔から原末(粉薬)として使われていました。しかし、独特の苦味や飲みにくさ、保管時の扱いにくさなどの問題があり、1996年に錠剤へ改良された「カロナール」が発売されました。このため、「カロナール」は保険適用上、先発品ではなく後発品という位置づけとなっています(先発品は発売終了)。

▼カロナールの特徴

【安い】【安全】【変形性関節症にも】

「カロナール」は安全性に実績があり、安価で安心して使える解熱鎮痛薬です。効果はゆるやかですが副作用が少なく、長期的に使用しなければならないケースでも、比較的安全な薬です。“NSAIDs”と呼ばれる一般的な鎮痛薬(アニリン系)とは作用機序が異なります。「カロナール」は、世界保健機関(WHO)が定める3段階疼痛治療法の第1段階に位置づけられ、海外では各種疼痛の基本薬として広く処方されています。

「カロナール」は、炎症系の重症度の痛みには不向きですが、軽度〜中等度のあらゆる痛みに適用可能です。日本では風邪やインフルエンザなどの解熱剤として処方されることが一般的です。

2010年に“変形性関節症”の効能が追加され、成人の鎮痛領域に1回300〜1000mg、1日4000mgまで投与可能(用量拡大)となりました。薬の用量を増やすことで鎮痛効果の増加が見込めるとされ、今後は、整形外科領域などでも鎮痛薬として使用されることが期待されています。

▼代表的な解熱鎮痛薬




▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、サントリーの柳原良平さん風のイラストです。シニアの夫婦が手のひらの上でくつろいでいます。昭和の雰囲気を感じさせる優しく温かいビジュアルに仕上がっています。

一般名:アセトアミノフェン
製品名:カロナール錠200,300,500、細粒20%,50%、シロップ2%、原末
解熱鎮痛消炎剤/アニリン系/非ピリン系解熱・鎮痛剤
昭和薬品化工

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ロトリガ/血液サラサラ、脂質異常の薬

  2. ゼチーア/高コレステロール血症治療に吸収阻害という選択

  3. ベタニス/β3刺激による過活動膀胱治療薬

  4. テネリア/カナグル

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

人気の記事

  1. 目標値へGo down 高尿酸血症治療はフェブリクで▼フェブリクとは?「フェブリク」は、...
  2. ▼アムロジンとは?「アムロジン」は、カルシウム拮抗薬(Ca拮抗薬)と呼ばれる降圧剤です。
スポンサードリンク