ビビアント/閉経後骨粗鬆症の新たな選択肢

骨に奏でる、強さとしなやかさ

閉経後骨粗鬆症の新たな選択肢
New SERM ビビアント錠 新登場

▼ビビアントとは?

「ビビアント」は、骨を丈夫にする骨粗鬆症の治療薬です。

骨粗鬆症は、加齢などにより骨の吸収と形成のバランスが悪くなり、骨がスカスカになる病気で、腰痛や背中の痛みを伴います。年配の方は骨折しやすくなります。

特に女性の高齢者は、女性ホルモンが少なくなることで「閉経後骨粗鬆症」という病気になりがちです。また、骨粗鬆症が進行して寝たきりの状態になると、高齢者の生活の質を著しく低下させる可能性があり、早期治療が必要と言われています。

骨粗鬆症の治療薬としては、カルシトニン製剤、ビスホスホネート製剤、活性型ビタミンD3製剤、女性ホルモン製剤、選択的エストロゲン受容体調整薬(SERM)、ヒト甲状腺ホルモン(PTH)製剤、イプリフラボン製剤、タンパク同化ホルモン製剤などが使用されています。「ビビアント」は、選択的エストロゲン受容体調整薬(SERM:Selective Estrogen Receptor Modulater)と呼ばれる新しい治療薬です。

▼ビビアントの特徴

「ビビアント」は、SERM(選択的エストロゲン受容体調整薬)という骨粗鬆症治療薬の新しい選択肢として登場しました。

同じSERMの「ラロキシフェン」は、女性の「閉経後骨粗鬆症」のファーストチョイス(第一選択薬)に選ばれることが増えています。

臨床試験の結果、背骨以外の手足の骨折予防効果については、同系薬の「ラロキシフェン」よりも有効性が認められています。

乳房に対し抗エストロゲン作用を示すので、副効用として乳癌の予防効果を持っています。類似薬の「ラロキシフェン」は、エストロゲン受容体陽性の乳癌の発症を約1/10に抑制したという報告もあります。

▼骨粗鬆症の治療には長い期間が必要

高齢者の場合、古い骨が新しい骨に置き換わるまでに時間がかかるため、骨粗鬆症の治療には長い治療期間が必要となります。そのため、途中で治療を諦めてしまう患者も少なくありません。

骨粗鬆症の治療薬は、ある程度長期間使い続けなければ骨密度向上の効果が十分に得られません。薬の特性に併せて休薬をするケースでも、必ず専門医の判断に基づいて行なうことが重要です。

▼ビビアントの副作用

「ビビアント」の主な副作用としては、乳房の張り、ほてり、吐き気などが報告されています。これらの症状は、服用初期段階(2〜3ヵ月)に多く発症する副作用で、薬に慣れてくると治まってくることがほとんどです。

「ビビアント」の注意点として、のぼせや発汗など更年期症状のある女性は病状を更に悪化させるおそれがあるので、投与しないことです。また、

まれに重い副作用として、静脈血栓症、肺塞栓症などの血栓症(血液が固まり、血管が詰まる)が報告されています。ふくらはぎに痛みやしびれ、急な息切れや胸の痛み、突然視力が落ちるといった症状があれば、すぐに医師に相談してください。

主な副作用 乳房の張り、ほてり、足の痙攣、吐き気、腹痛、発疹
重い副作用 静脈血栓症、肺塞栓症

▼骨粗鬆症の注射剤

骨粗鬆症の注射製剤としては、ビホスホネート薬の「ボナロン(アレンドロン)」や「ボンビバ(イバンドロン)」、抗ランクル抗体薬の「プラリア」などがあります。

「ボナロン」の注射剤は、4週に1回の“点滴静注”薬です。「ボンビバ」は1ヵ月に1回の注射です。「プラリア」の場合は、6ヵ月に1回の注射です。「ボナロン」と「プラリア」は大腿骨近位部骨折の抑制効果が認められていますが、「ボンビバ」は大腿骨近位部骨折に対しての抑制効果が認めれていません。大腿骨近位部骨折は、寝たきりの原因にもなりかねない高齢者にとっては深刻な骨折です。

【ボナロン、ボンビバ、プラリアの比較】
製品名 骨密度 椎体骨折 非椎体骨折 大腿骨 近位部骨折
プラリア 上昇効果 抑制する 抑制する 抑制する 抑制する
ボナロン 上昇効果 抑制する 抑制する 抑制する 抑制する
ボンビバ 上昇効果 抑制する 抑制する 抑制報告有 抑制報告無

▼その他の骨粗鬆症治療薬




▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、国内外で活躍するチェリストの藤原真理さん。ビジュアルは、チェロを女性の身体に、弦を背骨に見立てて、強さとしなやかさを表現しています。

藤原さんが手にしている楽器は、名匠ドメニコ・モンタニャーナ作のチェロで、数百万ドルと言われています。撮影用のレンタルでしょうか? それともファイザー社の持ち物なのでしょうか?

モンタニャーナのチェロは、現在主流となっているチェロに比べて、幅が広いことが特徴です。この幅広のチェロを使うことで、女性の身体をより想起させるビジュアルへと仕上げています。製品の品格や品質の良さを感じさせる、上品な広告です。

一般名:バゼドキシフェン酢酸塩
製品名:ビビアント錠20mg
選択的エストロゲン受容体調整薬(SERM)/骨粗鬆症治療剤
ファイザー

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ランタスXR/次なるステージへ

  2. あゆみ製薬/リウマチ領域に特化

  3. ウリアデック/投薬期間制限解除

  4. オルメテック/10周年

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. Smile again―もっと私らしく―【適応追加】エビリファイは非定型抗精神病薬として...
  2. 新しい眠りの世界へ。▼ベルソムラとは?「ベルソムラ」は2014年に発売された睡眠薬です。
スポンサードリンク