エビリファイ/剤型が豊富な抗精神病薬

飲みやすさを考えた
エビリファイの2つの剤形

双極性障害にDSSという新しいアプローチ

▼エビリファイとは?

「エビリファイ」は統合失調症の治療薬です。新しい系統の非定型抗精神病薬(第3世代抗精神病薬)です。ドーパミン系神経を安定させる調整薬で、DSS(Dopamine System Stabilizer)と呼ばれています。統合失調症に加え、双極性障害、うつ病、自閉スペクトラム症に対する効能を新たに取得しています。

副作用も少ないことから、従来の薬に成り代わって、かなり売れている薬です。ジェネリック対策もあってか、近年は剤形がどんどん増えています。剤形の選択肢が増えることは、服用する患者さんにとっては良いことですね。

エビリファイジェネリック10mgエビリファイジェネリック20mg
エビリファイジェネリック15mg
エビリファイジェネリック20mg
エビリファイジェネリック30mg

2015年:エビリファイの売上高 356億円
2016年:エビリファイの売上高 317億円

「エビリファイ」は、統合失調症の陽と陰の両方の症状に効果が期待できる薬剤です。情動安定化作用や再発予防効果が期待でき、また過鎮静を起こし難いので、長期の維持療法に適しています。速効的な効果が弱いので、改善効果よりも副作用が先に出てしまうケースも見られます。その為、深刻な不安や興奮、混乱状態の急性症状には不向きと言われています。

従来の抗精神病薬に比べ、震え、身体の強張り、生理不順、眠気、過鎮静、体重増加などの副作用が比較的少ないです。その一方で、じっとできない、そわそわしてしまうという副作用の頻度が高く、また血糖値が高くなるという特別な副作用も報告されています。

▼エビリファイとジェイゾロフトの配合錠(追記:2017年8月)

2017年7月末、うつ病の治療薬として、抗精神病薬の「エビリファイ」とセロトニン再取り込み阻害薬の「ジェイゾロフト」との配合錠の承認申請が行われました(製品名は未定)。製造販売元の大塚製薬によると、「ジェイゾロフト(セルトラリン)」で十分な効果が得られない患者に対して、薬の錠数が増えない状態で、抗うつ改善効果の増強療法が可能になるということです。

「エビリファイ(アリピプラゾール)」と「ジェイゾロフト(セルトラリン)」を併用している患者にとっても、錠剤の数が減ることでQOLの向上に繋がると考えられています。将来的な市場としては、国内だけでなくアジアも視野に入れているということです。

「ジェイゾロフト(セルトラリン)」は2015年12月にジェネリック医薬品が発売。「エビリファイ(アリピプラゾール)」は2017年6月にジェネリック医薬品が発売されています。

▼注意喚起が追加(追記:2018年1月)

2018年1月、厚生労働省が抗精神病薬「エビリファイ」に対して、添付文書の改訂を指示しました。具体的には、「エビリファイ」の【重要な基本的注意】に“病的賭博、病的性欲亢進、強迫性購買、暴食”といった【衝動制御障害】に関する注意喚起を追加するという内容です。この内容は、後発医薬品(ジェネリック)にも同様に適用されます。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、新しい2つの剤形です。薬の形のことを「剤形」と呼びます。

同じ成分の薬でも、用途に応じてさまざまな剤形が発売されています。剤形が異なることで、いろいろなシチュエーションで、様々な患者に薬を届けることが可能になります。

例えば、散剤は胃腸で分散しやすく、効き目も早く現れます。OD錠は高齢者でも飲みやすく、水なしで服用できるように工夫されています。内用液は、薬効成分が液体に溶けている状態ですので、スムーズに吸収されて即効性が期待できます。

特に精神病の場合、患者自身が自らすすんで薬を服用することが難しいケースもあります。そういった場合に、水無で服用出来たり、液体で飲みやすい剤形があるということは、非常に大きなメリットとなるのです。

一般名:アリピプラゾール
製品名:エビリファイ錠1mg,3mg,6mg,12mg、OD錠3mg,6mg,12mg,24mg、散1%、内用液0.1%(1,3,6,12mL)
統合失調症治療薬/非定型抗精神病薬(DSS)/抗精神病薬/神経系用剤
大塚製薬
OD錠 発売準備中

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ロゼレム・レミニール/つながりをもっと大切に。

  2. シュアポスト/速効性インスリン分泌促進薬

  3. スピリーバ/吸入器にレスピマットが登場

  4. 武田薬品工業/消化器系パイプラインを強化

スポンサードリンク

コラム

  1. リッツとイソジン、それぞれの争い

    リッツ、ブランド対決の勝敗2016年、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

人気の記事

  1. 1日1回で目標値へGo down 高尿酸血症治療はフェブリクで▼フェブリクとは?「フェブ...
  2. ▼セレコックスとは?「セレコックス」は炎症を鎮めて、腫れ・発赤・痛みなどの症状を和らげる薬です。
スポンサードリンク