フランドルテープ/角質保護システム

肌へのやさしさ・・・

▼フランドルテープとは?

「フランドルテープ」は、ニトロと呼ばれる硝酸薬の一種です。昔から狭心症の改善に使われています。キャッチコピーにも記されていますが、【角質保護システム】によって、皮膚への刺激を抑制するテープとのことです。テープ剤(水分を含まない貼り薬)は、皮膚の刺激を避けるため、毎回少しずつ貼る位置を変えるのですが、それでも肌に負担がかかってしまうようです。使う側にとっては、こうした配慮は嬉しいですね。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、緑の葉っぱです。これ良〜く見ると、心臓(ハート)の形をしていますね。最初は気が付かなかったのですが、狭心症や心不全の薬ということでハートなのですね。芸が細かいです。

▼その他の“貼る”医薬品





一般名:硝酸イソソルビド
製品名:フランドルテープ40mg
血管拡張剤/冠血管拡張剤/虚血性心疾患治療薬
トーアエイヨー
アステラス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アクトス/インスリン抵抗性改善薬

  2. プラリア/半年に1回で効く骨粗鬆症薬

  3. アイミクス/ジェネリック発売へ

  4. テルモ/北里柴三郎

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

注目の医薬広告

  1. 2型糖尿病治療の新パートーナー▼スーグラとは?「スーグラ」は、2型糖尿病の治療に用いる、国内...
  2. ▼シングレアとは?「シングレア」は、新しい作用機序の抗アレルギー薬です。
スポンサードリンク