フランドルテープ/角質保護システム

肌へのやさしさ・・・

▼フランドルテープとは?

「フランドルテープ」は、ニトロと呼ばれる硝酸薬の一種です。昔から狭心症の改善に使われています。キャッチコピーにも記されていますが、【角質保護システム】によって、皮膚への刺激を抑制するテープとのことです。テープ剤(水分を含まない貼り薬)は、皮膚の刺激を避けるため、毎回少しずつ貼る位置を変えるのですが、それでも肌に負担がかかってしまうようです。使う側にとっては、こうした配慮は嬉しいですね。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、緑の葉っぱです。これ良〜く見ると、心臓(ハート)の形をしていますね。最初は気が付かなかったのですが、狭心症や心不全の薬ということでハートなのですね。芸が細かいです。

▼その他の“貼る”医薬品





一般名:硝酸イソソルビド
製品名:フランドルテープ40mg
血管拡張剤/冠血管拡張剤/虚血性心疾患治療薬
トーアエイヨー
アステラス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ドルモロール/緑内障治療配合薬のジェネリック

  2. アブラキサン/ステロイド不要のパクリタキセル注射剤

  3. イルベタン/PPARγ活性化作用を併せもつARB

  4. メインテート/メインテートとアーチストの違い

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. 「ネキシウムはヘリコバクター・ピロリ感染胃炎におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の効能・効果...
  2. Smile Again2012年8月1日より投薬期間制限が解除されました。
スポンサードリンク