フランドルテープ/角質保護システム

肌へのやさしさ・・・

▼フランドルテープとは?

「フランドルテープ」は、ニトロと呼ばれる硝酸薬の一種です。昔から狭心症の改善に使われています。キャッチコピーにも記されていますが、【角質保護システム】によって、皮膚への刺激を抑制するテープとのことです。テープ剤(水分を含まない貼り薬)は、皮膚の刺激を避けるため、毎回少しずつ貼る位置を変えるのですが、それでも肌に負担がかかってしまうようです。使う側にとっては、こうした配慮は嬉しいですね。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、緑の葉っぱです。これ良〜く見ると、心臓(ハート)の形をしていますね。最初は気が付かなかったのですが、狭心症や心不全の薬ということでハートなのですね。芸が細かいです。

▼その他の“貼る”医薬品





一般名:硝酸イソソルビド
製品名:フランドルテープ40mg
血管拡張剤/冠血管拡張剤/虚血性心疾患治療薬
トーアエイヨー
アステラス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. シングレア/花粉症を迎え撃つ

  2. コンプラビン/ComPlavin

  3. リクシアナ/発売準備中

  4. ジェムザール/膵癌の痛みや全身状態を改善

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. 発売10周年を記念して、アレグラのビジュアルが新しくなりました。
  2. 失われる思い、消えゆく記憶の絆。
スポンサードリンク