フランドルテープ/角質保護システム

肌へのやさしさ・・・

▼フランドルテープとは?

「フランドルテープ」は、ニトロと呼ばれる硝酸薬の一種です。昔から狭心症の改善に使われています。キャッチコピーにも記されていますが、【角質保護システム】によって、皮膚への刺激を抑制するテープとのことです。テープ剤(水分を含まない貼り薬)は、皮膚の刺激を避けるため、毎回少しずつ貼る位置を変えるのですが、それでも肌に負担がかかってしまうようです。使う側にとっては、こうした配慮は嬉しいですね。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、緑の葉っぱです。これ良〜く見ると、心臓(ハート)の形をしていますね。最初は気が付かなかったのですが、狭心症や心不全の薬ということでハートなのですね。芸が細かいです。

▼その他の“貼る”医薬品





一般名:硝酸イソソルビド
製品名:フランドルテープ40mg
血管拡張剤/冠血管拡張剤/虚血性心疾患治療薬
トーアエイヨー
アステラス

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. 武田薬品工業/日本のリーディングカンパニー

  2. プレタール/CSPS-II

  3. プロレナール/一歩一歩、思い通りをかなえたい

  4. ヒルドイド/50gチューブ新発売

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

人気の記事

  1. 双極性障害における躁症状の改善での最初で唯一の非定型型抗精神病薬(2010年10月現在、本邦において...
  2. 10th ANNIVERSARY ACTOS▼アクトスとは?「アクトス」は、“チアゾリジン系...
スポンサードリンク