シタラビン/癌細胞を抑制する点滴注射液

▼シタラビンとは?

抗悪性腫瘍剤「シタラビン」は、ジェネリック医薬品です。癌細胞を抑制する点滴注射液で、白血病の治療に使われます。シトシン系の代謝拮抗薬で、SPACと呼ばれています。体内で活性物質のシタラビン(Ara-C)に変換する作用があります。

エラーした細胞のDNAが作られるのを妨害して、癌細胞の増殖を抑制します。主に白血病の治療に使われますが、骨髄異形成症候群の適応症も持っています。



一般名:シタラビン オクホスファート
先発品:スタラシドカプセル100,50
代謝拮抗剤/シトシン系/抗悪性腫瘍剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. プレミネント/ARB+利尿薬

  2. ダイアート/長時間作用型の利尿薬

  3. トルリシティ・アテオス/いつ注射を打つ?いつでも

  4. ブロプレス/エカード/ユニシア

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

人気の記事

  1. 更なる血糖降下、その先にある患者さんの未来のために▼トラディアンスとは?「トラディアンス」(...
  2. Dual drive イルトラ配合錠,登場▼イルトラとは?「イルトラ」は、ふたつの有効成分を...
スポンサードリンク