シタラビン/癌細胞を抑制する点滴注射液

▼シタラビンとは?

抗悪性腫瘍剤「シタラビン」は、ジェネリック医薬品です。癌細胞を抑制する点滴注射液で、白血病の治療に使われます。シトシン系の代謝拮抗薬で、SPACと呼ばれています。体内で活性物質のシタラビン(Ara-C)に変換する作用があります。

エラーした細胞のDNAが作られるのを妨害して、癌細胞の増殖を抑制します。主に白血病の治療に使われますが、骨髄異形成症候群の適応症も持っています。



一般名:シタラビン オクホスファート
先発品:スタラシドカプセル100,50
代謝拮抗剤/シトシン系/抗悪性腫瘍剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. エリキュース/脳卒中や静脈血栓塞栓症の治療に

  2. 大日本住友製薬/再生・細胞医薬への挑戦

  3. アイミクス/発売2周年

  4. ミカムロ、ミカルディス/二つの強さ

スポンサードリンク

コラム

  1. 企業広告に隠された利点

    皆さんは、企業広告というものをどのくらい気にかけていますか?正直に云って、あまり気にしていない方...

人気の記事

  1. C型肝炎治療に貢献するため、私たちにできることを、すべてギリアド・サイエンシズ社の主力領域で...
  2. ▼シングレアとは?「シングレア」は、新しい作用機序の抗アレルギー薬です。
スポンサードリンク