シタラビン/癌細胞を抑制する点滴注射液

▼シタラビンとは?

抗悪性腫瘍剤「シタラビン」は、ジェネリック医薬品です。癌細胞を抑制する点滴注射液で、白血病の治療に使われます。シトシン系の代謝拮抗薬で、SPACと呼ばれています。体内で活性物質のシタラビン(Ara-C)に変換する作用があります。

エラーした細胞のDNAが作られるのを妨害して、癌細胞の増殖を抑制します。主に白血病の治療に使われますが、骨髄異形成症候群の適応症も持っています。


一般名:シタラビン オクホスファート
先発品:スタラシドカプセル100,50
代謝拮抗剤/シトシン系/抗悪性腫瘍剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ガーダシル/副反応が問題に

  2. ノルバスク/日本の高血圧治療に新しい選択肢

  3. エクア/その力、膵島発。

  4. クレストール/スタチン系最強のストロングスタチン

スポンサードリンク

コラム

  1. アンメットメディカルニーズとは?

    ▼アンメットメディカルニーズとは“アンメットメディカルニーズ”とは、いまだ有効な治療方法がない“...

人気の記事

  1. 12月1日―いよいよ。
  2. 1日1回で目標値へGo down 高尿酸血症治療はフェブリクで▼フェブリクとは?「フェブ...
スポンサードリンク