バルサルタン/ディオバンのジェネリック

珍しいジェネリック医薬品の単品の広告です。
「バルサルタン」は、高血圧症の薬です。先発品は「ディオバン」という大型製品で、かなり売れています。

ディオバンジェネリック80mg
ディオバンジェネリック160mg

ディオバン160mgディオバン80mg

▼バルサルタンとは?

「バルサルタン」は、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる種類の降圧剤で、血管を収縮する作用のあるアンジオテンシンⅡと呼ばれる物質の働きを抑制することで血圧を下げます。心臓や腎臓などを保護するという特徴があるので、心臓に不安がある人や腎機能障害を持った人にも適した降圧剤です。

降圧に関して云えば、カルシウム拮抗薬の方が強力です。しかし、ARBは血圧を下げる以外にもメリットがあるので、重宝されています。ARBは「ディオバン」以外にもいくつか出ていますが、「ディオバン」は他のARBと比べて薬価が安いというメリットがあます。ARBの中でも、コスパの良いバランスの取れた“万能型”といったイメージです。最近では、ARBに利尿剤やカルシウム拮抗剤などの高血圧治療薬を混ぜた合剤が主流となっています。

▼主なARB系降圧薬

ニューロタン(ロサルタン) 世界初のARB。尿酸低下作用あり
ブロプレス(カンデサルタン) 心不全・心血管イベント抑制大
ディオバン(バルサルタン) ARBの中で薬価が一番安い
オルメテック(オルメサルタン) 心臓腎臓など臓器保護作用あり。ARBのエース的存在
ミカルディス(テルミサルタン) 血中半減期がARB最長。24時間持続的に効く
アジルバ(アジルサルタン) 2013年承認最新ARB。降圧効果最強






▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、カジュアルな私服とフォーマルなスーツを身にまとった二人の女性の写真です。アンジオテンシンⅡ受容体は、2つの双子のような物(AT1受容体とAT2受容体)に分けられますので、そのイメージでしょうか。女性の手の仕草にも意味が込められていそうですが、解読できませんでした・・・。


一般名:バルサルタン
先発品:ディオバン錠20mg,40mg,80mg,160mg、OD錠20mg,40mg,80mg,160mg
降圧剤/A-Ⅱ拮抗剤(ARB)/選択的AT1受容体ブロッカー
サンド

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ブデソニド/吸入液として日本初のジェネリック

  2. ペグイントロン/週1回のインターフェロン

  3. ゾレア/小児適応追加

  4. トラマール/がんの痛みを抑える鎮痛剤

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. ▼アムロジンとは?「アムロジン」は、カルシウム拮抗薬(Ca拮抗薬)と呼ばれる降圧剤です。
  2. 双極性障害における躁症状の改善での最初で唯一の非定型型抗精神病薬(2010年10月現在、本邦において...
スポンサードリンク