ザイティガ/さらなる早期投与へ

▼ザイティガとは?

「ザイティガ」は、前立腺がんを治療するお薬です。前立腺がんは、あらゆる癌の中でも進行がゆっくりで、予後も良好ながんです。早期発見さえできれば、怖くないガンだと言われています。

「ザイティガ」は、前立腺がんにとって重要な3つ(精巣、副腎、腫瘍組織自体)のアンドロゲン(前立腺がんの増殖を促進する分泌源)すべてで、アンドロゲンの産生を阻害する作用を持つ唯一の薬剤です。

【ザイティガがアンドロゲンを阻害する3つの分泌源】
1.精巣 2.副腎 3.腫瘍組織自体

前立腺がんは、世界の男性の中で2番目に多いがんで、人口全体では4番目に多いがんとなっています。日本での前立腺癌の患者数は、2012年に7万3千人、2016年の患者予測数において9万3千人と年々増加傾向となっています。
前立腺のがん細胞は、男性ホルモンに依存して増殖します。手術での切除が基本です。ただ、手術や化学療法にも限界があり、進行を完全に止めるのは困難です。「ザイティガ」は、去勢抵抗性前立がんに対する新たな治療選択肢として期待されています。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、笑顔を見せる初老の男性たちの日常風景。前立腺がん寛解後のイメージを表現しています。写真のイメージは、左から「仕事」「趣味」「家族」という感じでしょうか。素朴なデザインです。

▼国内優先審査指定:追記2017年10月

2017年10月、「ザイティガ」は“ホルモン療法未治療転移性前立腺がん”の適応追加について、厚生労働省から優先審査品目に指定されました。「ザイティガ」は、2014年7月に“去勢抵抗性前立腺がん”の適応で承認を取得していますが、追加された“ホルモン療法未治療転移性前立腺がん”の適応は既存の適応よりも早期のステージとなり、さらなる早期投与を目指すことになります。


一般名:アビラテロン酢酸エステル
製品名:ザイティガ錠250mg
抗悪性腫瘍剤/前立腺癌治療剤(CYP17阻害剤)
ヤンセン
アストラゼネカ

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ジャディアンス/新規患者が17ヵ月連続増加

  2. イルベタン/メタボサルタンとは?

  3. モーラステープ/効能追加で広がる選択肢

  4. アーチスト/高血圧、狭心症、慢性心不全、3つの適応

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

注目の医薬広告

  1. うつ病から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
  2. ▼アクテムラとは?「アクテムラ」は、最先端のバイオテクノロジー技術によって開発された国産の生物学...
スポンサードリンク