ピートル/慢性腎臓病患者の高リン血症の改善に

▼ピートル チュアブル錠とは?

「ピートル」は、“スクロオキシ水酸化鉄”と言われる血液中のリンを減らす薬剤です。透析中の慢性腎臓病患者の高リン血症を改善する高リン血症治療薬です。

人は腎臓の機能が落ちると、リンの排泄が十分にできず、血液中にリンが蓄積されていきます。これが、高リン血症です。高リン血症の状態が長期間続くと、骨がスカスカになったり、動脈硬化が起こりやすくなったりします。結果的に、心筋梗塞などの心血管系イベントをはじめ、身体のいろいろな部位に影響が出てくる恐れがあります。

「ピートル」は、消化管で多核性の酸化水酸化鉄を遊離します。そして、「ピートル」とリン酸イオンが配位子交換することによって、リンが吸着され、簡単には分離しない“鉄・リン複合体”が造られます。この複合体は難溶性で、リンを抱え込んだまま身体の外へ排泄されるので、結果的にリン吸収が抑制され、血清リン濃度が低下するという仕組みです。

リンとカルシウムの血中濃度を正常に保つことは、骨の病気を防ぐことになり、さらに動脈硬化を抑制して、深刻な心血管系合併症の予防へと繋がっていきます。

▼リンってなに?

【リンとは?】
リンは、身体のミネラルの中で、カルシウムの次に多い栄養素です。成人の体内には最大で850gのリンが含まれています。

リンは、普通に食生活を送っていれば、基本的に不足することはありません。むしろ現代では、リンの過剰摂取が問題となっています。原因のひとつには、食品添加物が挙げられます。食品添加物にはリンを多く含む物が多く、食品やジュースなどの酸味の素として広く使用されているからです。

リンは、カルシウムの代謝と密接に繋がっていることが判っています。カルシウムの摂取量が少ない人が、リンを過剰に摂取する食事を長期間続けた場合、骨量や骨密度が減る可能性が高いと言われています。

丈夫な骨を維持するためにカルシウムを摂ることが大事なことは、多くの人が知っていますが、リン(外食や加工食品)の取り過ぎに注意する必要性はあまり知られていません。食生活を見直すとともに、日常的にカルシウムを摂取することが重要です。

▼高リン血症とは?

高リン血症は、透析患者や慢性腎臓病(CKD)の患者など、腎機能が低下していて、リン排泄が上手くいかなくなることで生じる病気です。

高リン血症状態が長期間続くと、臓器や関節の周囲に石灰沈着が生じやすくなります。血管壁での石灰沈着は、動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や狭心症を発症するリスクが高まることが指摘されています。腎臓に障害のある人は、血清リン濃度を適切にコントロールすることが重要です。

高リン血症の治療には、食事制限や透析によるリン除去に加え、リンの吸収を抑制するリン吸着薬といった方法があります。経口リン吸着薬は、薬剤の特性から、高カルシウム血症になりやすい、胃腸障害(主に便秘)が起こるといった課題も多く、保存期の慢性腎臓病(CKD)患者に使える薬剤が限られている、という問題もありました。そういった経緯で開発された薬剤が「ピートル」です。

▼ピートルの特徴

「ピートル」は、鉄分を含有する非ポリマー性リン吸着薬(カルシウム非含有)です。「ピートル」は、カルシウムを含まないため、高カルシウム血症や血管石灰化の発現リスクが低いことが特徴のひとつです。類似薬の“ポリマー性リン吸着薬”でよく見られる腸管穿孔といった胃腸障害の心配はありません。

一方、便秘がない代わりに下痢を起こしやすい薬剤です。また、長期間使用する場合は、鉄の過剰症になる恐れがあります。

▼ピートルの副作用、注意点

「ピートル」の主な副作用は下痢です。長期間使用する場合は、鉄の過剰症になる恐れがあるので、注意が必要です。

主な副作用 下痢、便秘、吐き気、腹部不快感、腹痛
その他の副作用 血清フェリチン増加、血中鉄増加、ヘモグロビン増加

▼ピートルの類似薬

▼ピートルの顆粒剤が追加承認

2018年9月、キッセイ薬品は「ピートル」の新剤形となる「顆粒分包 250mg/500mg」の製造販売の承認を取得しました。今回追加された“顆粒剤”は、直径2.3mmのマイクロタブレット型の新剤形で、飲み込む力が弱くなっている高齢者や咀嚼機能が低下した患者が服用しやすいというメリットがあります。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、柔道。柔よく剛を制すというコンセプトで、「ピートル」の象徴である黄色い選手が「元素記号P=リン」を抱え込んで倒しています。簡単には分離しない“鉄・リン複合体”のイメージです。作用機序をダイナミックに表現したビジュアルです。

一般名:スクロオキシ水酸化鉄
製品名:ピートル チュアブル錠250mg, 500mg
高リン血症治療薬/非ポリマー性リン吸着薬
キッセイ薬品

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アイミクス/発売2周年

  2. タケキャブ/酸関連疾患治療の、明日のために

  3. メマリー/甘みがあり飲みやすいドライシロップ

  4. オンブレス/COPDガイドラインで推奨

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

人気の記事

  1. HIV/AIDS領域に特化しグローバルな視点で新たなニーズに応え続けることそれがヴィーブヘルスケアの...
  2. 日本の高血圧治療に新しい選択肢。ノルバスクは、1日10mgまでの処方が可能になりました。
スポンサードリンク