アテディオ/シルニジピン+バルサルタン

+Nの進化。

▼アテディオとは?

「アテディオ」は、2つの有効成分を合わせた高血圧症の合剤です。1つは、ARBことアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬のバルサルタン(ディオバン)。「アンジオテンシンⅡ」という物質をおさえることにより、血管を広げ血圧を下げます。2つめは、持続性カルシウム拮抗薬のシルニジピン(アテレック)です。ふたつとも広く使われている薬です。血管の筋肉をゆるめて血管を広げる作用があります。また、心臓の収縮をおさえ心臓を休ませます。安全性が高く、副作用も少ないので、高齢者へも使いやすい薬剤です。


▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、「+N」と「AT1」のブロック(ビル?)が威風堂々とそびえ立っています。もともと「アテレック」の広告が「N」の形をしたビルでした(Nチャネルにも作用するのが特徴なので)。そこから継続発展して、今のような形の絵柄になっています。こうやって、イメージを大事に長く使ってもらえると、こちらも薬を憶えやすいですね。



一般名:バルサルタン/シルニジピン
製品名:アテディオ配合錠
降圧剤/ARB・Ca拮抗薬配合剤/選択的AT1受容体ブロッカー/持続性Ca拮抗薬合剤
持田製薬
EAファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. グレースビット/先発ローテーション

  2. イソジン/ブランド承継

  3. ジスロマック/新しいマクロライド系抗菌薬

  4. リクシアナ/抗凝固療法は新しい舞台へ

スポンサードリンク

コラム

  1. ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

    HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。

人気の記事

  1. 助太刀申す食後血糖値を改善し、HbA1cも下げる。
  2. 拡がる、可能性。
スポンサードリンク