アテディオ/シルニジピン+バルサルタン

+Nの進化。

▼アテディオとは?

「アテディオ」は、2つの有効成分を合わせた高血圧症の合剤です。1つは、ARBことアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬のバルサルタン(ディオバン)。「アンジオテンシンⅡ」という物質をおさえることにより、血管を広げ血圧を下げます。2つめは、持続性カルシウム拮抗薬のシルニジピン(アテレック)です。ふたつとも広く使われている薬です。血管の筋肉をゆるめて血管を広げる作用があります。また、心臓の収縮をおさえ心臓を休ませます。安全性が高く、副作用も少ないので、高齢者へも使いやすい薬剤です。


▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、「+N」と「AT1」のブロック(ビル?)が威風堂々とそびえ立っています。もともと「アテレック」の広告が「N」の形をしたビルでした(Nチャネルにも作用するのが特徴なので)。そこから継続発展して、今のような形の絵柄になっています。こうやって、イメージを大事に長く使ってもらえると、こちらも薬を憶えやすいですね。



一般名:バルサルタン/シルニジピン
製品名:アテディオ配合錠
降圧剤/ARB・Ca拮抗薬配合剤/選択的AT1受容体ブロッカー/持続性Ca拮抗薬合剤
持田製薬
EAファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. イナビル/吸入懸濁用160mgセット新発売

  2. タケキャブ/新発売

  3. ミカムロ/STRONG & LONG.

  4. アイベータ/緑内障・高眼圧症治療の点眼剤

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. ▼ジェイゾロフトとは?「ジェイゾロフト」はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と呼ばれる...
  2. 日本の高血圧治療に新しい選択肢。ノルバスクは、1日10mgまでの処方が可能になりました。
スポンサードリンク