ドボベット/日本初、尋常性乾癬治療の配合外用剤

尋常性乾癬治療の礎へ。
世界中の臨床実績の積み重ねが、日本に。

日本初、尋常性乾癬治療外用剤のデュアルエフェクト
カルシポトリオール×ベタメタゾンジプロピオン酸エステル

▼ドボベットとは?

「ドボベット」は、尋常性乾癬を治療する外用剤(塗り薬)です。【カルシポトリオール】【ベタメタゾン】という2種類の成分を合わせた配合剤です。主に“軽症から中等症”の尋常性乾癬患者に使用される薬です。

成分の1つは活性型ビタミンD3の「ドボネックス」(カルシポトリオール)。もう一方は、ステロイド(副腎皮質ホルモン)の「リンデロンDP」(ベタメタゾン)です。それぞれ単剤でも使用されていますが、治療効果を高めるために両剤を併用することが多く(患者の約半数が両剤を使用)、ふたつの成分を合わせた「ドボベット」を使用することで、皮膚細胞の新陳代謝が正常化し、皮膚の炎症や紅斑といった症状の改善が期待できます。

▼乾癬とは?

乾癬とは、慢性的な皮膚の病気です。人によって症状や発症する場所に個人差があり、第一選択薬も異なります。主な症状は、皮膚の赤みや腫れ、白い乾燥したカサブタ、かゆみなどです。乾癬を患った皮膚では、炎症を起こしやすい細胞が集まって活発に活動しているため、毛細血管が拡張して皮膚が赤い状態になります。また健康な皮膚と比べて10倍以上の速度で表皮が入れ替わるので、皮膚細胞の生産が過剰な状態になってしまいます。過剰に産み出された表皮はゾウの皮膚のように厚く積み上がり、鱗のような屑となってはがれ落ちていきます。

乾癬で困っている患者は、国内で約20〜30万人いると言われ、特に男性に多い病気です。乾癬の原因は正確には解っていません。近年、外敵から身を守るための免疫作用の過剰反応が、乾癬の原因のひとつではないかと発表されています。

乾癬は完全に治癒できる病気ではありませんが、薬を使うことで症状を緩和させることが出来ます。乾癬治療には、塗り薬や飲み薬、紫外線療法などがありますが、2010年からは、生物学的製剤と呼ばれる新しい注射薬が使えるようになりました。様々な選択肢がある中で、それぞれ自分に合った治療方法を見つけることが大切です。




▼ドボベットの特徴

【1】 2成分がひとつの薬で済み、塗布回数も1日1回
【2】 尋常性乾癬の第一選択薬(外用療法)
【3】 世界97ヶ国で積み重ねられた豊富な実績
【4】 軟膏剤とゲル剤があり、部位に応じて選択可能

▼ドボベットの副作用

「ドボベット」は外用剤(塗り薬)なので、経口剤(飲み薬)のような副作用がほとんどありません。長期間使用する場合は、発疹ができたり、皮膚が白っぽくなるなど、ステロイド皮膚症の副作用がでるケースがありますが、これはステロイド剤特有の症状なので、それほど心配ありません。症状がひどい場合は、専門の医師に相談してください。

重大な副作用 高カルシウム血症、急性腎障害、長期使用による副腎障害など全身症状
その他の副作用 かゆみ、発赤、刺激感、ヒリヒリ感、毛包炎、膿疱性発疹、ステロイド皮膚症

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、ピラミッド。現代の技術を使って、ピラミッドを建てています。ブロックをひとつ一つ積み重ねることで、“臨床実績の積み重ね”を表現しています。赤と白のツートンカラーは、「ドボベット」のキーカラーであると同時に、ふたつの成分の“配合剤”という意味が読み取れます。

一般名:カルシポトリオール/ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
製品名:ドボベット軟膏、ドボベットゲル
尋常性乾癬治療剤/外用配合剤
2014年9月発売
協和発酵キリン
レオファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. アジルバ/その強さ、アジルバ

  2. ミカルディス/80mg新発売

  3. ロゼレム/眠りへのリズムを整える

  4. ヒューマログ/0.5単位で調節可能に

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. C型肝炎は治療が目指せる時代にC型肝炎検査キット▼ハーボニーとは?「ハーボニー」...
  2. 眠りへのリズムを整える。生活習慣改善+ロゼレム。
スポンサードリンク