キプレス/喘息を予防するコントローラー

▼キプレスとは?

「キプレス」は、新しい作用機序の抗アレルギー薬です。アレルギーという病気は、“ヒスタミン”や“ロイコトリエン”という体内の物質が深く関わっていることが分かっています。「キプレス」は、主に気管支の収縮や鼻みず、鼻づまりなどに影響を与えると言われる“ロイコトリエン”に作用する薬です。もともとは気管支喘息薬でしたが、2008年にアレルギー性鼻炎の効能が追加承認されました。

気管支や鼻の粘膜の細胞には、“ロイコトリエン受容体”と呼ばれる鍵穴があり、そこにロイコトリエン(鍵)がはまることで、アレルギー症状を引き起こします。「キプレス」は、このロイコトリエン受容体にロイコトリエンより先にはまることで、ロイコトリエンの動きを阻害します。

従来のアレルギー薬(抗ヒスタミン薬)の弱点であった“鼻づまり”に対してもよい効果が期待できるので、花粉症を含めた鼻づまりで困っている患者には「シングレア」と抗ヒスタミン薬を併用することがあります。

▼キプレスの特徴

「キプレス」は、鼻水・鼻づまりなど鼻粘膜のアレルギー症状にも有効ですが、いままでの抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)に較べて、気管支喘息に強い効果を発揮するのが特徴です。軽い喘息の場合は、単独投与でも十分ですが、重い症状の喘息では、吸入ステロイド薬と併用する必要があります。

効果が持続するので、1日1回就寝前の服用で済みます。普通錠とOD錠、細粒に加え、“チュアブル錠”というお菓子のハイチューのような子供向けの剤形も用意されていて(結構、美味しいらしい)、子供の喘息に良く処方されます。

▼気管支喘息とアレルギー性鼻炎

2009年、日本で気管支喘息患者を対象とした臨床試験が実施され、気管支喘息にアレルギー性鼻炎が合併する頻度が67.3%であることが報告されました(SACRAサーベイ)。そして、気管支喘息とアレルギー性鼻炎が合併すると喘息コントロールが不十分になるリスクが高くなり、患者のQOLが損なわれることが示されました。

アレルギー性鼻炎が気管支喘息に高い割合で合併し、喘息コントロールに大きな影響を及ぼすことは以前から考えられていましたが、アレルギーと喘息のふたつの疾患を合併する患者に向いた薬はありませんでした。

そういった経緯から、アレルギー性鼻炎の効能を持った気管支喘息治療薬「キプレス」は、“アレルギー性鼻炎を伴う喘息治療に”というコンセプトでも営業活動を展開しているのです。

▼シングレアとキプレス

「シングレア」と「キプレス」は、一般名“モンテルカスト”という有効成分が同じ薬です。適応症や用法用量、添加物なども全く同じで製品名が違うだけです。医療用医薬品の世界では良くあることで、“併売品”と呼ばれています。なぜ一物二名称の医薬品が多く存在するのかという理由は、患者にとってのメリットはほとんどなくて、各社のビジネス的な思惑が大きいと言えます(販売経路や領域の得意・不得意など)。なお「シングレア」はMSDから、「キプレス」は杏林製薬から発売されています。

▼他の気管支喘息治療薬



▼気管支喘息の原因解明、新治療薬に期待(2018年3月:追記)

2018年3月、東北大学の研究グループが気管支喘息の原因が“2型自然リンパ球”というリンパ球の活性化であることを発表しました(Journal of Allergy and Clinical Immunology 電子版:2018.2.7.)。気管支喘息を含むアレルギー疾患の新たな治療法開発につながると期待されています。

・気管支喘息(アレルギー性喘息)が起きる新たなメカニズムを発見。
・GITRタンパク質がリンパ球の活性化を介して、気管支喘息を引き起こすことを解明。
・GITRタンパク質を阻害する物質が気管支喘息の新しい治療薬となる

従来のアレルギー疾患の治療で注目されていたのは、アレルギー反応の制御や他の免疫細胞の活性化に関係する免疫細胞【T細胞】でしたが、東北大学はこの免疫細胞の表面に出現する“GITR”というタンパク質が、2型自然リンパ球を活性化することをマウスを使った実験で実証しました。

2型自然リンパ球は、気管支喘息が発生する時に最初に活性化する免疫細胞なので、この細胞が活性化しなければアレルギー反応は起こらないという理論です。

気管支喘息のメカニズムが解明されたことで、気管支喘息を含むアレルギー疾患の新しい治療薬誕生の可能性が高まっています。

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、気管支喘息を意識した小児向けのイラストです。キリンに乗っている少年が笑顔を見せています。青空と太陽で、喘息がおさまった時の気分の良さを表現しています。

キリンという動物は、生き物の中で最も血圧が高いと言われています(最高血圧は平均260mmHg、最低血圧が平均160mmHg)。心臓から脳までの高さが約2メートルもあるので、血を全身へ送り出すのに高い血圧が必要なのです。そのため、高血圧の治療薬で登場することがありますが、ここでは気管支喘息のマスコットとして登場しています。おそらく、長い首を気管支に見立てているのだと思います。

喘息の寛解状態を維持する、喘息のコントローラー(喘息を予防する薬)をイメージして【キープ(維持)+レスト(寛解期)】で「キプレス」と命名されました。

【コントローラー】:喘息を予防する薬のこと、【レリーバー】:喘息の発作の時に使う薬のこと

一般名:モンテルカスト ナトリウム
製品名:キプレス錠5mg,10mg、OD錠5mg、OD錠10mg、キプレス細粒4mg
気管支喘息治療薬/アレルギー性鼻炎治療薬/ロイコトリエン受容体拮抗剤
杏林製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ディレグラ/departure study公表!

  2. ベタニス/β3刺激による過活動膀胱治療薬

  3. クラビット/点滴静注製剤が新発売

  4. クラビット/風邪にも処方?

スポンサードリンク

コラム

  1. オブリーン/幻の肥満症治療薬

    ▼オブリーンとは「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未...

人気の記事

  1. SGLT2 GUARD▼デベルザとは?「デベルザ」は、血糖を下げる糖尿病の薬でSGLT2阻害...
  2. ▼クレストールとは?「クレストール」は、体内のコレステロールの生成を抑える高脂血症の薬です。
スポンサードリンク