リアルダ/アンメットメディカルニーズ

一歩、踏み出す時。
―日本の潰瘍性大腸炎治療に、新たな選択肢―
【2017年12月1日より投薬期間制限解除】

□通常用量:2400mg 活動期通常用量:4800mg
□新規DDS-MMX直腸まで大腸全域をカバー
□活動期・寛解期ともに「1日1回」

▼リアルダとは?

「リアルダ」は潰瘍性大腸炎の新しい治療薬です。潰瘍性大腸炎とは、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の病気で、重症の場合、厚生労働省より特定疾患に指定されています。安倍首相が罹ったことで一般的な認知度も上がりました。日本での罹患数は約16万人と言われ、完治が難しいため長年苦しんでいる患者が多いのが現状です。

▼潰瘍性大腸炎とは?

小腸や大腸の粘膜に炎症が起こったり、潰瘍などが生じるのが“炎症性腸疾患”と呼ばれる病気です。主なものに、潰瘍性大腸炎とクローン病があります。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に慢性の炎症や潰瘍が発生する原因不明の病気です。急激な腹痛や下痢・血便を伴います。国が指定している難病で、根本的な治療法は未だ確立されていません。

下痢や腹痛が心配で、思うように外出が出来なかったり、消化の良い物を食べるように食生活に気を使ったり、日常的なストレスも溜まる深刻な病です。特定疾患に認定されるには、年に一回大腸内視鏡検査を行う必要がありますが、費用もかかりますし、身体にスコープを挿入する検査自体もかなりの痛みを伴います。

広告のビジュアルには、痛みも血便もストレスも何も感じなかった元の生活を取り戻して、“あの頃のように普通に暮らせる日々を”という願いが込められています。

▼リアルダとアサコールの違い

「アサコール」と「リアルダ」は、どちらも“メサラジン”という有効成分を含んだ薬剤で、錠剤が大腸の中で溶けるよう計算・設計された潰瘍性大腸炎の薬です。従来品の「アサコール」は1日3回ですが、新しい「リアルダ」は1日1回の服用で済みます。「リアルダ」には有効成分の“メサラジン”が「アサコール」の3倍(1,200mg)含まれているからです。

「アサコール」は1回6〜9錠で、「リアルダ」は1回2〜4錠なので、服用する際の負担も軽減されています(ただ「アサコール」に比べると、「リアルダ」の錠剤はかなり大きく、3倍くらいあります)。また、「リアルダ」は大腸で長時間かけて薬が溶けるので、肛門に近い直腸まで炎症をカバー出来るというのが特徴です。

それから、保存条件が「冷所保存」というのがネックです。調剤薬局では在庫管理が大変そうですね・・・。数時間は常温でも問題ないと思いますが、患者さんへ渡した後も冷蔵庫での保存となります。

リアルダ 1日1回 メサラジン濃度1200mg 1回:2〜4錠 肛門に近い直腸までカバー
アサコール 1日3回 メサラジン濃度400mg 1回:6〜9錠 錠剤がリアルダに比べ小さい

▼潰瘍性大腸炎の簡易診断薬

「リアルダ」を製造販売する持田製薬が、潰瘍性大腸炎の状態を病院内で測定可能にする“カルプロテクチン簡易診断薬”を国内独占販売すると発表しました(承認時期・発売未定。保険適用申請予定)。腸管内の炎症の様子は専用キットで便中のカルプロテクチン濃度を測定することで、30〜60分程度で測定可能ということです。あくまで補助として使用するもので、簡易測定の結果を踏まえて、再検査や診療を行うことになります。

【カルプロテクチンとは】
カルプロテクチンは、 主に好中球から分泌される“カルシウム結合蛋白質”です。腸管内の炎症や細菌感染に対して、防御する物質と考えられています。

▼アンメットメディカルニーズとは

潰瘍性大腸炎は原因が特定されていないということもあって、まだまだ消費者のニーズが満たされていません。医薬業界では、このようなアンメットメディカルニーズを念頭に医薬品や診断薬の開発が行われています。

「リアルダ」の患者獲得状況は、他剤からの切り替えが50%、新規患者が41%、追加処方が9%となっており、他剤からの切り替えが最も多いです(2017年9月時点)。切り替え処方の多さは、既存の治療では満たされない「リアルダ」への期待の表れだと感じます。

「リアルダ」は、2017年12月の長期処方解除を契機に、より使い勝手が良くなり、処方数が増加すると予測されています。

▼その他の潰瘍性大腸炎治療薬の使い分け

レミケード 寛解時は8週間隔の投与。点滴静注で炎症性サイトカインを直接抑制するため、重症患者など早急に炎症を抑えたい時に用いる傾向。潰瘍性大腸炎への使用実績が多い。
ヒュミラ 寛解時は2週間に1回、自己注射でOK。自己注射に抵抗のない患者向け。潰瘍性大腸炎への使用実績が多い。
シンポニー 寛解時は4週間に1回、病院で皮下注射。自己注射に抵抗のある患者向け。潰瘍性大腸炎への使用実績が多い。
ゼルヤンツ 抗体医薬ではなく低分子製剤(JAK阻害薬)。注射薬ではなく経口薬というのが特徴。潰瘍性大腸炎の使用実績は少ない。
エンタイビオ 寛解時は8週間隔投与。海外では潰瘍性大腸炎に使用されており、比較的安全とされているが、日本での使用実績は少ない。

▼広告のキービジュアル

「リアルダ」の広告は、スタイリッシュで上品なビジュアルに仕上がっています。開発・販売権をShire Pharmaceutical Group社から取得したという経緯ですので、広告写真も海外の流用なのかもしれません。

「リアルダ」のビジュアルには、“やりたいことをあきらめない生活を送る”という意味が込められています。目を引く「チェックマーク」ですが、海外のサイトを見ると、【ToDoリスト】ということが分かりました。これは、趣味やスポーツ、就職や結婚など、今後のライフイベントを表しています。

また、この病気は薬を服用することで約90%が寛解を維持できますが、飲み忘れが続くと薬の効力が40%程度にまで落ちてしまうということで、【ToDoリスト】のチェックマークが重要なアイテムとして登場しているようです。


製品名:リアルダ錠1200mg
一般名:メサラジン・フィルムコーティング錠
潰瘍性大腸炎治療剤
持田製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. レミケード/関節リウマチで初の生物学的製剤

  2. リアルダ/潰瘍性大腸炎に新たな選択肢

  3. ハーボニー/歴史が変わる瞬間がある

  4. グーフィス/Dual Actionで完全自発排便へ

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. さらに強く▼トビエースとは?「トビエース」は、膀胱の収縮を抑制する膀胱治療薬です。
  2. 服薬アドヒアランスの向上と、長期にわたる安定した血糖コントロールを目指して国内初のDPP-4阻害...
スポンサードリンク