メマリー/甘みがあり飲みやすいドライシロップ

服用剤形の新たな選択肢
メマリー ドライシロップ
Dry Syrup【NEW】

▼メマリーとは?

「メマリー」は、アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)を軽減する薬で、NMDA製剤という種類に分類されます。「アリセプト」(ドネペジル)とは全く別の作用機序を持つ薬として開発されました。

「メマリー」は脳神経へのグルタミン酸の悪影響を抑えるのが特徴で、“グルタミン酸仮説”という考えを基に造られた医薬品です。どちらかというと症状の重い患者向きで、中等度〜高度の患者に使用されています(軽度では使用しない)。

▼グルタミン酸仮説とは?

人の記憶には、脳内のグルタミン酸が深く関係していると言われています。“グルタミン酸仮説”とは、グルタミン酸が放出され続けることで神経伝達にノイズが混じり、記憶や習得能力が妨害されてしまう、という考えです。アルツハイマー型認知症の患者の脳内では、タンパク質が過剰に生産されています。この異常な量のタンパク質によってグルタミン酸が常に放出される状態となり、記憶することが困難になります。

グルタミン酸が記憶機能に関わっているのであれば、“グルタミン酸の放出”は悪いことのように思えませんが、実際にはグルタミン酸の放出が続くことで、記憶を創るのに必要な伝達信号も妨害してしまう、ということです。また、グルタミン酸飽和状態が続くと、グルタミン酸放出に関係する細胞が破壊されていきます。これが原因となって、アルツハイマー型認知症を発症すると考えられています。

▼メマリーの副作用

主な副作用として、ふらつき、よろめきなどの目まいがあります。高齢者は目まいによって転びやすくなりますので、特に注意が必要です。その他、便秘、傾眠(昼間眠くなる)、幻覚、妄想、幻視などが報告されています。パーキンソン病の症状がある患者や、精神科の治療でドーパミン系の向精神薬を使ってる患者が、「メマリー」を併用すると、強い副作用が出ると言われています。

▼アリセプトとの違い

1999年に発売された「アリセプト」はコリンエステラーゼ阻害薬という種類の製剤で、軽度の認知症から使えます。2011年に発売された「メマリー」はNMDA受容体拮抗薬という製剤で、中等度〜高度の患者に使用されています。

「アリセプト」は“コリン仮説”を基に開発された薬で、「メマリー」は“グルタミン酸仮説”を基に開発された薬で、作用機序が異なります。

「アリセプト」の付加効果としては、認知症に伴って起こりやすい不安・抑うつ状態を和らげるという特徴があります。「メマリー」の付加効果としては、認知症に伴って起こりやすい興奮・攻撃性を和らげるという特徴があります。

アリセプト 軽度の患者から使用可能 コリン仮説 不安・抑うつ状態を和らげる
メマリー 中等度〜高度の患者に使用 グルタミン酸仮説 興奮・攻撃性を和らげる

▼認知症治療のこれから

原因がはっきりとは分からず、完治が難しいとされるため、最近では認知症に罹る前の早期発見や認知症予防の研究が非常に活発です。
認知症は進行型の病気ですが、認知症が進行したとしても、過ごし方次第で自宅で生活する事はできますし、工夫すれば旅行へ行くことも出来るかもしれません。薬での治療以外に、周囲の協力やアフターケアの方法によって、QOLを向上出来る疾患だと言われています。

認知症には根治をゴールとした治療法がないことから、診断後の患者への伝え方も難しい問題となっています。最近では、医師が患者会のようなサロンを勧めたり(参加者の方が、不参加者よりも要介護認定率が低いという研究論文あり)、スマートフォンを使った“認知症患者の見守り機器”の紹介といった“社会的処方箋”を出すことで、治療のゴールを改めて考え直す活動が見られています。

▼広告のキービジュアル

「記憶=写真」。バラバラになった写真をテープ(メマリー)で修復する(記憶を取り戻す)、というビジュアルです。モデルが本当の母子のように似ていますね。実際に親子のモデルかもしれません。ふたりにどんな想い出があったのか、ストーリーを思い描きたくなるような温かい写真です。写真の質感、テープのリアリティ、細かいところにまで気を遣った丁寧な仕上りです。

認知症治療薬というデリケートな領域のビジュアルを作ることは、とても難しいことだと思いますが、ディレクション力の高さを感じます。「メマリー」の広告は本当に素晴らしいキービジュアルで、私が20年見てきた中で、最高クラスの医薬広告デザインだと思っています。

今回のキービジュアルは、新しい規格“ドライシロップ”をメインにした広告です。2018年6月、7月、8月と三ヶ月連続の出稿です。一般的に、医薬品のライフサイクルは「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という4つの段階があります。発売したばかりの「導入期」は、製品名を覚えてもらったり、少しでも印象を残す必要があるのでインパクトが重要ですが、「成長期」へと向かうビジュアルは、製品の特徴を知ってもらったり、ブランドイメージを育てたりといったフェーズへと移行してゆきます。

薬の形のことを「剤形」と呼びますが、同じ成分の薬でも用途に応じてさまざまな剤形が発売されています。剤形が異なることで、いろいろなシチュエーションで、様々な患者に薬を届けることが可能になります。

例えば、ドライシロップは甘みをつけた飲みやすい粉薬で、そのままでも水に溶かしてでも飲むことができます。粉薬は胃腸で分散しやすく、効き目も早く現れます。OD錠は高齢者でも飲みやすく、水なしで服用できるように工夫されています。

特に認知症の場合、患者自身が自らすすんで薬を服用することが難しいケースもあるので、家族や介護者が飲ませやすい剤形が選択肢としてあることは、非常に大きなメリットです。

一般名:メマンチン塩酸塩
製品名:メマリー錠5mg,10mg,20mg、メマリーOD錠5mg,10mg,20mg、メマリードライシロップ2%
抗認知症薬/NMDA受容体拮抗薬/NMDA受容体拮抗 アルツハイマー型認知症治療剤
第一三共
ドライシロップ2%新発売
2018年6月6日発売

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ネオキシ/貼る過活動膀胱(OAB)治療剤

  2. グーフィス/Dual Actionで完全自発排便へ

  3. レミニール/軽~中等度アルツハイマー病の新薬

  4. ソブリアード/治癒へのクリアなアプローチ

スポンサードリンク

コラム

  1. 長期収載品の今後/環境変化は新たなチャンス

    ▼7000億円以上の売上減いままで、長期収載品は、研究開発費を回収したあとは、売れば売るほど利益...

人気の記事

  1. アイの力で降圧に挑む!アムロジピンの「A」、イルベサルタン(アバプロ)の「I」をミックス。
  2. うつ病から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
スポンサードリンク