クラビット/グレースビットとの違い

進化する、ニューキノロン系薬クラビット
500mg 1日1回
適応菌種:
肺炎クラミジア、肺炎マイコプラズマが追加になりました。

▼クラビットとは?

「クラビット」は、細菌を殺菌する抗生物質です。細菌が原因のいろいろな感染症に用います。風邪を患っても処方されますが、風邪のウイルスに効くわけではありません。細菌による二次感染やその予防のためです。2015年度の時点で、抗生物質の中での売上が「ゾシン」に次いで第二位でした(184億円)。薬価が高いので、病院側が積極的に処方している傾向もあるのかなと思います。

「クラビット」はニューキノロンといわれる抗菌薬で、他の抗菌薬に比べ威力が強く、いろいろな細菌に有効です。クラミジアや淋病などの性病にも効果を発揮しています。現在ではジェネリック薬も数多く出ており、国内でもっとも使用される抗菌薬の一つとなっています。

ニューキノロン系の薬はマクロライド系(ジスロマックなど)で効果があまりみられなかった場合に使用される機会が多い薬です。経口薬なのに、注射薬と同じくらいの効果を発揮すると言われています。効果が強力な分、副作用も少なからず出てしまいます。昔は、100mgを1日3回に分けて服用していたのですが、1日1回の方が効果が高いことが判り、今では500mgを1日1回服用するのが一般的です。

▼グレースビットとの違い

グレースビット」と「クラビット」は、どちらもニューキノロン系抗菌薬に分類される薬です。この2剤は同様の作用機序なので、効果や副作用、使用上の注意もほぼ同じです。実は、「グレースビット」と「クラビット」はどちらも第一三共で開発された薬剤で、「グレースビット」は「クラビット」を改良して作った抗菌薬です。
「クラビット」は非常に効果的な抗菌薬で、多くの疾患に対し長年に亘って頻繁に使用されてきました。抗菌剤は長く使っていると“耐性菌”が現れることが判っていますが、次第に「クラビット」が効かないケースが報告されるようになってきたのです。そうした経緯から改良を重ね、新しく「グレースビット」が開発された訳です。「グレースビット」はクラビット耐性菌に対しても、有効な抗菌作用が認められています。また、耐性菌の出現を防ぐために、適応疾患をあえて「クラビット」よりも絞り込んでいます。耐性菌の数の違いが「グレースビット」と「クラビット」の大きな違いと言えます。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、記者会見の演台で指を指している外国人男性。この男性は“第一三共の重役”という話を聞いたことがあるのですが、デマですよね? モデルさんのように見えます。日本発の新薬ということで、日本地図にスポットが当たっています。名前の由来は「CRAVE(熱望する、切望する)IT」→【待ち望まれた薬剤】。重役が記者会見で待望のニュースを発表というイメージでしょうか。

スポンサードリンク


一般名:レボフロキサシン水和物
製品名:クラビット錠250mg,500mg、クラビット細粒10%
合成抗菌剤/キノロン/広範囲経口抗菌製剤
第一三共

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ノウリアスト/wearing-offに新アプローチ

  2. フィブラスト/早くきれいな治療を目指して

  3. レザルタス/ARB+CCB配合の降圧剤

  4. トラゼンタ/優れた効果 将来への備え

スポンサードリンク

コラム

  1. 医薬品のバイラルマーケティングとは?

    あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか?画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。

注目の医薬広告

  1. AG Authorized Generic発売準備中▼イルベサルタンとは?『イルベサ...
  2. 高血圧治療に愛を承認前なので製品名が出ていませんが、降圧薬の「アイミクス」のティザー広告です。