ネオキシ/貼る過活動膀胱(OAB)治療剤

OAB治療に新たな選択肢 貼る

▼ネオキシとは?

「ネオキシ」は、抗コリン薬(ムスカリン受容体拮抗薬)と呼ばれる種類の過活動膀胱(OAB)治療剤です。珍しい“経皮吸収型”で、基剤には特異な匂いがあります。下腹部、腰部、大腿部に貼付するのが一般的です。2013年6月に発売。

「ネオキシ」は、皮膚を通して少しずつ体内に吸収され、膀胱に作用して尿意切迫感や頻尿や尿失禁を改善します。主に、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び尿失禁なの症状に使われています。

過活動膀胱というのは、ただ尿が出やすくなるだけでなく、四六時中尿意を感じ、頻尿や夜間頻尿を伴うことが多いという病気です。突然強い尿意を感じて、それが我慢できないほどで辛いそうです。

▼国内初の貼る過活動膀胱(OAB)治療薬

同種の薬剤としては国内初の“貼り薬”です。1988年に発売されて高い評価を受けてきた経口薬(ポラキス)は、肝臓を通して、膀胱以外の腸管や唾液腺にも作用してしまい、便秘や口渇といった副作用の頻度が高いという課題が残っていました。「ネオキシ」という経皮吸収型が、新しい選択肢として増えたことで患者のQOL向上が期待できます。特に嚥下困難の高齢者に役立ちそうです。なお、貼付薬に小児用量はありません。

▼その他の“貼る”医薬品




▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、複数の矢印。後ろの山型は、尿意が次第に治まっていくイメージでしょうか。テープ剤ということがひと目で分かる簡潔なキャッチコピーです。

スポンサードリンク


一般名:オキシブチニン塩酸塩
製品名:ネオキシテープ73.5mg
抗コリン剤/経皮吸収型 過活動膀胱治療剤
久光製薬
旭化成ファーマ

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. プラザキサ/心房細動の早期発見・早期治療を!

  2. ガスモチン/機能性ディスペプシアの治療に

  3. ディオバン/ARB初のOD錠

  4. ジルテック/はやく、つよく、ながく

スポンサードリンク

コラム

  1. 不適切な広告事例

    先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。

注目の医薬広告

  1. 動脈硬化の注意信号は、見逃せない。
  2. 社会に役立つ優れた医薬品を提供し、人々の健康創りに貢献します。
スポンサードリンク