コラム

ダラス・バイヤーズクラブと抗HIV薬の進化

HIV陽性の男がエイズの薬を外国から密輸し、密売する映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観ました。たまたま衛星放送で流れていたのを観たのですが、出演者の演技に惹き込まれて最後まで興味深く鑑賞。私にとっては、衝撃的な面白さで […]

リッツとイソジン、ブランド問題

リッツ、ブランド対決の勝敗 みなさん、リッツパーティしていますか? リッツとはもちろん、女優沢口靖子さんのコマーシャルでお馴染みのクラッカー「リッツ」のことです。私も子供の頃、一度はやってみたいと憧れていました。しかし、 […]

企業広告に隠された利点

皆さんは、企業広告というものをどのくらい気にかけていますか? 正直に云って、あまり気にしていない方がほとんどではないかと思います。私も以前はまったく意識して見ていませんでした。 製品の広告と違って、それで物が売れるわけで […]

手塚治虫と医薬の良い関係

手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。学生時代からプロの漫画家として活躍していましたが、医者(医学博士)でもありました。研修生時代は実際に診察も行っていたというこ […]

潜在能力を感じるサービス“医薬情報おまとめ便”

2017年4月に開催された「ヘルスケアIT」で“医薬情報おまとめ便”というサービスを知りました。 医薬情報おまとめ便サービスとは、日本薬剤師会とインテック社が協力した情報提供で、薬局へ“製薬会社、医療機器メーカー作成のリ […]

どんな病気でも治せる?/遺伝子組換え医薬品

最近、医薬広告の世界にも、遺伝子組換え医薬品が増えてきました(当サイトでも遺伝子組換えというカテゴリーを作ったくらいです)。良く耳にする“遺伝子組換え製剤(組換えDNA製剤)”って、そもそも何でしょうか? 周辺情報をまと […]

医薬品のバイラルマーケティングとは?

あなたのその症状、「胸やけ」「呑酸」ではありませんか? 画像は「逆流性食道炎」の疾患啓発広告です。TVコマーシャルも放映されていたので、目にした方も多いかと思います。一見、製品の広告には見えませんが、見る人が見ればキーカ […]

オブリーン/幻の肥満症治療薬

▼オブリーンとは 「オブリーン(セチリスタット)」は、リパーゼ阻害剤と呼ばれる肥満症治療剤です(未発売)。日本では、2003年に武田薬品工業が英国Alizyme社から開発および販売に関する権利を取得し、日本で初めての脂質 […]

不適切な広告プロモーション事例

先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。医療従事者の方には周知の事実ですが、プロドラッグには不適切な宣伝が行われないように定めた厳格な「プロモーションコード」というものが存在します。 […]

ジェネリック/創意工夫でシェアを伸ばせ!

2010年4月から、政府の後発医薬品使用促進策の一環として、医師が処方箋の【変更不可】欄にサインしない限り、薬剤師は患者の同意を得た上で、剤形や規格の異なるジェネリック(後発品医薬品)へ変更して調剤出来るようになりました […]

誰のためのAGなのか?

▼オーソライズドジェネリックとは? オーソライズドジェネリック(AG)とは、特許が切れる前に先発品メーカーがオーソライズ(公認)したジェネリック医薬品のことです。特許満了後に発売される他社のジェネリック製品に対抗するもの […]

スポンサードリンク

カテゴリー

スポンサードリンク

ピックアップ

  1. フォシーガ/世界60ヵ国以上で承認

  2. ゾシン/抗生物質で売上No.1

年月別アーカイブ

コラム

  1. どんな病気でも治せる?/遺伝子組換え医薬品

    最近、医薬広告の世界にも、遺伝子組換え医薬品が増えてきました(当サイトでも遺伝子組換えというカテゴリ...

注目の医薬広告

  1. 「アジルバ」と「ザクラス」のジョイント広告です。
  2. 一歩、踏み出す時。