エキセメスタン/乳癌治療薬アロマシンのジェネリック

▼エキセメスタンとは?

「エキセメスタン錠テバ」は、乳がんを治療する「アロマシン」のジェネリック(後発品)医薬品です。「エキセメスタン」は、副腎からのエストロゲン産生を抑制します。作用の特徴から、主に閉経後のホルモン療法として処方されています。閉経後で、女性ホルモン受容体が陽性の場合に優先される標準的な乳がん治療薬です。

「エキセメスタン」が最も効果的な癌は、ホルモン反応性が高い“女性ホルモン受容体陽性乳がん”です。このケースでは、高い有効率が期待でき、予後の改善にもつながります。進行している乳がんや、手術後の再発予防目的として、補助療法で使用することもあります。

▼乳がんのホルモン療法(内分泌療法)

乳がんは、女性ホルモン“エストロゲン”の影響を受けて大きくなる傾向があります。エストロゲンは、閉経前は卵巣で多く作られますが、閉経後は腎臓のそばにある副腎から出てきます。このエストロゲンを低減させることによって、乳がんが大きくなるのを防ぐ治療法が【ホルモン療法(内分泌療法)】です。

▼エキセメスタン+エベロリムス併用でPFSが有意に延長

「エキセメスタン」は、閉経後ホルモン感受性乳がんにおいて、標準薬の「ノルバデックス」(タモキシフェン)と同等以上の臨床成績が報告されています(IES試験)。

また、進行乳がんにおいて、日本初mTOR阻害薬「アフィニトール」(エベロリムス)との併用により、治療効果が継続されて、無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することが、国際共同試験で報告されています(BOLERO2試験サブ解析:臨床腫瘍学会2012)。

▼エキセメスタンの副作用

「エキセメスタン」の主な副作用は、ほてり、頭痛、吐き気、めまい、多汗などです。長期間服用する場合は、骨密度低下にともなう骨粗鬆症や骨折に注意が必要です。服用を途中で止めるほどの重い副作用はほとんどなく、安全性の高い薬です。

重い副作用はめったにありませんが、肝臓の重い症状が報告されています。その他の副作用は下記の通りです。

ほてり、疲労感、吐き気、嘔吐、食欲不振、眠気、めまい、しびれ感、頭痛、高血圧、多汗、性器出血、脱毛、発疹、骨粗鬆症、骨折

▼テバ製薬とは?

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、アネモネの花束。花を使うことで、女性のための薬ということを表現しています。親密そうに重ねられた手と手のクローズアップが、広告に温かさと優しさを与えています。

ピンクのリボンは、世界的な「乳がん検診啓発キャンペーン」のシンボルで、このアイテムだけですぐに乳がんが連想出来る仕掛けとなっています。

アネモネの花は、草丈約15センチの可憐な花で、山の野草のような牧歌的な雰囲気があるので、野草愛好家に好まれている花です。

一般名:エキセメスタン
製品名:エキセメスタン錠25mg「テバ」
抗悪性腫瘍薬/アロマターゼ阻害薬/閉経後乳癌治療剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. MSD/業界屈指の新薬開発力

  2. ステラーラ/UNEVENTFUL

  3. アルダクトン/アルドステロンブロックの可能性を求めて

  4. トラムセット/トラムセットのジェネリック

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. 慢性腰痛症に伴う疼痛から完全に逃れることはできないかもしれないが、抜け出す手伝いはできる。
  2. 失われる思い、消えゆく記憶の絆。
スポンサードリンク