アナストロゾール/乳癌治療薬アリミデックスのジェネリック

▼アナストロゾールとは?

「アナストロゾール錠テバ」は、乳がんを治療する「アリミデックス」のジェネリック(後発品)医薬品です。「エキセメスタン」と同じアロマターゼ阻害薬に分類されます。

「アナストロゾール」は、副腎からのエストロゲン産生を抑制します。作用の特徴から、主に閉経後のホルモン療法として処方されています。閉経後で、女性ホルモン受容体が陽性の場合に優先される標準的な乳がん治療薬です。

「アナストロゾール」が最も効果的な癌は、ホルモン反応性が高い“閉経後ホルモン感受性乳がん”です。閉経後ホルモン感受性乳がんにおいて、抗エストロゲン薬の「タモキシフェン」(製品名:ノルバデックス)をしのぐ臨床成績が報告されています(ATACトライアル)。進行している乳がんや、手術後の再発予防目的として、補助療法で使用することもあります。

アロマターゼ阻害薬は主に、【非ステロイド性】(アナストロゾール、レトロゾールなど)と【ステロイド性】(エキセメスタン)に分類され、病態などに合わせて処方されています。「アナストロゾール」は、新世代の【非ステロイド性】アロマターゼ阻害薬です。

▼アナストロゾールの特徴

・非ステロイド性のアロマターゼ阻害薬
・閉経後ホルモン感受性乳がんにおいて「タモキシフェン」をしのぐ臨床成績

▼乳がんとは?

乳がんは、乳房にある乳腺にできる悪性の腫瘍のことです。非浸潤がんと呼ばれる癌の場合は多くが治るといわれていますが、早期の乳がんでは自覚症状がほとんどないため、発見が遅くなるケースが多々あります。

日本において乳がんは、癌のなかでも罹患率がトップクラスであり、その割合は年々増加を続けています。乳がんを発症する女性の割合は、50年前は50人に1人でしたが、21世紀では14人に1人と言われています(年間約6万人以上)。乳がんで死亡する例は年間約1万3千人で、これは乳がんに罹った患者の30%に相当します。

乳がんの原因ははっきりと解明されていませんが、日本人に乳がんが増えた要因としては、食生活の変化や、女性の社会進出が関係していると考えられています。戦後の食生活の変化に伴って、高たんぱくで高脂肪の食事が増えたことによって、初潮が早く訪れ、閉経が遅くなる女性が増えました。そして、女性の社会進出の増加によって、妊娠出産が減少し、女性が一生のうちに経験する月経の回数が多くなりました。

乳がんの癌細胞は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)によって増殖することが知られています。つまり、月経回数が増えた(月経中はエストロゲンが多量に分泌される)ことが、乳がんの発症と進行に影響を与えていると考えられるのです。

▼乳がんのホルモン療法(内分泌療法)

乳がんは、女性ホルモン“エストロゲン”の影響を受けて大きくなる傾向があります。エストロゲンは、閉経前は卵巣で多く作られますが、閉経後は腎臓のそばにある副腎から出てきます。このエストロゲンを低減させることによって、乳がんが大きくなるのを防ぐ治療法が【ホルモン療法(内分泌療法)】です。

▼アナストロゾールの副作用

「アナストロゾール」の主な副作用は、ほてり、頭痛、吐き気、関節痛などです。長期間服用する場合は、骨密度低下にともなう骨粗鬆症や骨折に注意が必要です。服用を途中で止めるほどの重い副作用はほとんどなく、安全性の高い薬です。

重い副作用はめったにありませんが、肝臓の重い症状、間質性肺炎、血栓塞栓症などが報告されています。その他の副作用は下記の通りです。

ほてり、頭痛、関節痛、眠気、吐き気、嘔吐、食欲不振、性器出血、脱毛、発疹、肝機能異常、骨粗鬆症、骨折

▼高頻度で出現する関節痛

「アナストロゾール」や「アロマシン」などの“アロマターゼ阻害剤”は、アンドロゲンをエストロゲンに変換させる酵素であるアロマターゼを阻害することで、閉経後の乳癌の発生や成長を抑える薬剤です。【関節痛】は、その時のエストロゲンの減少によって、二次的に起こる副作用とされています。

関節の痛みを「加齢のせいだ」と自己判断して、抗がん剤の副作用だと意識していない患者も少なくありません。副作用が強い場合は、別のアロマターゼ阻害剤へ変更することで解消できるケースもありますので、違和感を覚えたら、早目に医師に相談することが大切です。

▼その他の乳がん治療薬



▼テバ製薬とは?

▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、フリフリとした花びらが可愛らしいカーネーションの花。花を使うことで、女性のための薬ということを表現しています。

カーネーションといえば母親を象徴する花ですが、ピンク色のカーネーションには“女性の愛”という花言葉があり、すべての女性患者への想い込められています。カーネーションは、ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、地中海沿岸から西アジアの原産のため、17世紀から可憐な花として人々に愛されています。

ピンクのリボンは、世界的な「乳がん検診啓発キャンペーン」のシンボルで、このアイテムだけですぐに乳がんが連想出来る仕掛けとなっています。

一般名:アナストロゾール
製品名:アナストロゾール錠1mg「テバ」
抗悪性腫瘍薬/アロマターゼ阻害薬/閉経後乳癌治療剤
テバ製薬

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. 日本ケミファ/ココロにも届いてほしい

  2. リルテック/筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬

  3. タリオン/COOL and STRONG

  4. フェブリク/投薬期間制限解除

スポンサードリンク

コラム

  1. ジェネリック/創意工夫でシェアを伸ばせ!

    2010年4月から、政府の後発医薬品使用促進策の一環として、医師が処方箋の【変更不可】欄にサインしな...

人気の記事

  1. ▼クレストールとは?「クレストール」は、体内のコレステロールの生成を抑える高脂血症の薬です。
  2. いざ、アレルギーに負けない日本へ!▼タリオンとは?「タリオン」は、アレルギーの症状をおさ...
スポンサードリンク