エディロール/新世代活性型ビタミンD3製剤

2012年4月1日より投薬期間制限が解除されました。

▼エディロールとは?

「エディロール」は、骨粗鬆症の治療に使う活性型ビタミンD製剤です。ビタミンDを補うことでカルシウムの吸収を補助し、骨を丈夫にします。主に高齢者の骨粗鬆症の治療に処方されています。ビタミンD製剤は、粗鬆症の基礎薬として古くから多用されてきましたが、「エディロール」は骨への作用を強化した新しい“活性型”のビタミンD3製剤です。

ビタミンDは“骨の栄養”と言われ、骨や歯の発育に重要な役割を果たしています。ビタミンDが不足すると、骨の質が落ち、痛みを感じたり、骨折しやすくなります。骨が丈夫になることで、腰痛などの痛みが改善し、骨折や寝たきりの予防にもつながっていきます。

「エディロール」は活性型なので、少量で効率的に作用します。あまり強い薬ではありませんが、骨密度増加や骨折予防効果がある程度期待できます。「エディロール」は、カルシウムの吸収を高めるだけでなく、骨そのものの代謝を改善し、骨密度を増加させます。このふたつの効果により、従来の活性型ビタミンD製剤をしのぐ骨折抑制効果を発揮します。

▼骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症は、加齢などにより骨の吸収と形成のバランスが悪くなり、骨がスカスカになる病気で、腰痛や背中の痛みを伴います。年配の方は骨折しやすくなります。特に女性の高齢者は、女性ホルモンが少なくなることで「閉経後骨粗鬆症」という病気になりがちです。また、骨粗鬆症が進行して寝たきりの状態になると、高齢者の生活の質を著しく低下させる可能性があり、早期治療が必要と言われています。

骨粗鬆症の治療薬としては、活性型ビタミンD3製剤(「エディロール」)の他に、カルシトニン製剤、ビスホスホネート製剤、女性ホルモン製剤、選択的エストロゲン受容体調整薬(SERM)、ヒト甲状腺ホルモン(PTH)製剤、イプリフラボン製剤、タンパク同化ホルモン製剤などが使用されています。

▼骨粗鬆症の治療には長い期間が必要

高齢者の場合、古い骨が新しい骨に置き換わるまでに時間がかかるため、骨粗鬆症の治療には長い治療期間が必要となります。そのため、途中で治療を諦めてしまう患者も少なくありません。

骨粗鬆症の治療薬は、ある程度長期間使い続けなければ骨密度向上の効果が十分に得られません。薬の特性に併せて休薬をするケースでも、必ず専門医の判断に基づいて行なうことが重要です。

▼エディロールの副作用

「エディロール」の主な副作用は、尿中・血中カルシウム増加です(高カルシウム血症)。薬が効きすぎて、血液中のカルシウム分が増えすぎてしまう場合があります。重い副作用はめったに見られませんが、まれに高カルシウム血症、急性腎不全、腎結石、尿路結石などが報告されています。

高カルシウム血症は、自覚症状がない場合が多いので、定期的に検査を受ける必要があります。高カルシウム血症が長引くと、腎臓機能が悪化し、腎結石や尿管結石へ発展するケースもあります。

▼このような症状があれば、医師へ相談する必要があります。
倦怠感、脱力感、食欲不振、吐き気、口渇、腹痛、頭痛、めまい、いらいらする、かゆみ、筋力低下、筋肉痛、尿が少ない、むくみ、尿の濁り、血尿、のどが渇く、痙攣、血圧上昇、排尿時の痛み、下腹部・横腹・腰・背中などの激痛

▼骨粗鬆症の注射製剤

骨粗鬆症の注射製剤としては、抗ランクル抗体薬の「プラリア」、ビスホスホネート薬の「ボナロン(アレンドロン)」や「ボンビバ(イバンドロン)」があります。「ボナロン」の注射剤は、4週に1回の“点滴静注”薬です。「ボンビバ」は1ヵ月に1回の注射です。一方、抗ランクル抗体薬の「プラリア」の場合は、6ヵ月に1回の注射です。「ボナロン」と「プラリア」は大腿骨近位部骨折の抑制効果が認められていますが、「ボンビバ」は大腿骨近位部骨折に対しての抑制効果が認めれていません。大腿骨近位部骨折は、寝たきりの原因にもなりかねない高齢者にとっては深刻な骨折です。

【ボナロン、ボンビバとの比較】
製品名 骨密度 椎体骨折 非椎体骨折 大腿骨近位部骨折
プラリア 上昇効果 抑制する 抑制する 抑制する
ボナロン 上昇効果 抑制する 抑制する 抑制する
ボンビバ 上昇効果 抑制する 抑制報告有 抑制報告無

▼その他の骨粗鬆症治療薬








▼広告のキービジュアル

広告のキービジュアルは、高齢の女性。白い服を着た女性を骨に見立て、虹のような曲線のラインでカルシウムの吸収と骨代謝の改善を表現しています。

なお、「エディロール」の製品名の由来は、Effective Vitamin D、Innovative(革新的な新世代活性型ビタミンD3製剤)+ロール(中外製薬のビタミンD3ブランドの語尾)です。

一般名:エルデカルシトール
製品名:エディロールカプセル0.5μg,0.75μg
ビタミンA,D剤/合成ビタミンD/骨粗鬆症治療剤(活性型ビタミンD3製剤)
関節リウマチ 効能・効果追加
中外製薬
大正富山医薬品

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. クレメジン/海を渡る蝶、大規模臨床試験 EPPIC study

  2. プラザキサ/RE-LYの実跡

  3. クラリチン/パイロットでも服用出来る薬

  4. リンヴォック/JAK-1を選択的に阻害するリウマチ治療薬

スポンサードリンク

コラム

  1. 新人のための医薬広告キービジュアル入門

    ▼制限の中で知恵を絞って表現されるキービジュアル医療用医薬品(プロドラッグ)は、患者が自分で自分...

人気の記事

  1. 高血圧治療に愛を▼医薬品の広告計画承認前なので製品名が出ていませんが、降圧薬の「アイミク...
  2. コレステロール管理の頼れるパートナー。
スポンサードリンク