ラジカット/ブレインアタックへの挑戦

ブレインアタックへの挑戦

▼ラジカットとは?

「ラジカット」は、脳保護剤です。脳梗塞後に、フリーラジカル消去によって脳細胞のストレスを軽減し、脳を保護します。エダラボンとして、ジェネリックも出ています。

フリーラジカルとは、「酸化剤」のようなものです。酸化剤は、自分の周囲の環境を酸化させる性質があります。脳が酸化されると、脳細胞にとって大きなストレスとなります。脳細胞は一度破壊されてしまうと、元通りに再生することができません。皮膚や他の細胞のように、死んだ細胞が修復されることはありません。そこで研究された薬が「ラジカット」です。「ラジカット」は抗酸化剤であり、フリーラジカルを強力に捕捉する作用があります。

また、「ラジカット」は脳梗塞後の脳保護だけでなく、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬としても用いられています。ALS()病態で上昇するフリーラジカルの発生を抑制して、運動ニューロンを酸化ストレスから保護し、筋萎縮の進行を遅らせる効果が期待できるということです。

「ラジカット」は、2001年に発売され、注射剤形のほか、2010年に点滴静注バッグの剤形が追加承認されました。その後、2015年には“筋萎縮性側索硬化症(ALS)における機能障害の進行抑制”の適応追加を取得しています。2011年6月からは、後発医薬品(ジェネリック)も登場しました。

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、アメリカンフットボールのクォーターバック。頑丈そうなヘルメットを被っているので“脳を保護する”というのが、直感的に分かるビジュアルです。ボールには【ē】の文字が記されていますが、有効成分のエダラボン(edaravone)のことだと思われます。【ē】は、eにマクロンを付した文字で「エー」と伸ばして発音します。

※ALS(筋萎縮性側索硬化症):の原因は未だ解明されていませんが、ALSは神経疾患であり、現在最も盛んに研究が行われている分野のひとつです。


一般名:エダラボン
製品名:ラジカット点滴静注バッグ30mg
脳保護剤/フリーラジカルスカベンジャー
田辺三菱

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. カナリア/国内初DPP-4+SGLT2配合錠

  2. モビコール/高齢者や小児に使いやすい慢性便秘症

  3. 炎症性腸疾患/IBD

  4. アイミクス/ジャングル大帝

スポンサードリンク

コラム

  1. 手塚治虫と医薬の良い関係

    手塚治虫といえば、日本人なら誰でも知っている漫画家で、幅広いジャンルの多くの作品を残しています。

人気の記事

  1. Dual Actionで完全自発排便へ※Dual Action:水分分泌と大腸運動促進※完全...
  2. 高血圧治療に愛を▼医薬品の広告計画承認前なので製品名が出ていませんが、降圧薬の「アイミク...
スポンサードリンク