エクロック/日本初、保険適用の脇汗治療薬

ワキアガル、新たな可能性。
日本初、保険適用の原発性腋窩多汗症用外用剤承認。

▼エクロックとは?

「エクロック」は、日本初の原発性腋窩多汗症用の外用剤です。国内で初めての保険適用の“ワキ汗”の塗り薬となります。「エクロック」の有効成分ソフピロニウム臭化物は、神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害する抗コリン剤に分類されます。

アセチルコリンは、ムスカリン受容体と結合することにより汗腺から発汗を誘発すると考えられており、「エクロック」は多汗症の原因となるエクリン汗腺のムスカリン受容体と結合することでアセチルコリンの結合を阻害し、発汗を抑制します。

1日1回の両腋窩(脇の下のくぼみ)への塗布で効果が期待できます。薬剤がゲル状なので、専用のアプリケーター(塗布具)を使うことで、簡単に塗布が可能です。

▼原発性局所多汗症とは?

原発性局所多汗症は、日本のガイドラインにおいて、「温熱や精神的負荷の有無いかんに関わらず、日常生活に支障をきたす程の大量の発汗を生じる状態」と定義されています。特に腋窩(脇の下のくぼみ)に生じる場合、原発性腋窩多汗症と呼ばれます。

原発性多汗症の特徴として、社会的な活動範囲が広く、働き盛りの現役世代の罹患率が高いことが挙げられます。直接命に関わるような疾患ではないため、患者の精神的な苦痛は見えにくく、“アンメット・メディカルニーズ”と言われています。

▼アンメット・メディカルニーズとは

“アンメット・メディカルニーズ”とは、いまだ有効な治療が出来ない“満たされていない医療”ニーズのことです。患者や医療従事者から待望されているのにもかかわらず、治療法や薬がないことを指します。マーケティングの世界では“消費者の期待する製品と現状の製品の力の差”と考えられ、アンメット・ニーズとも呼ばれています。

▼多汗症の定義

多汗症の定義としては、局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま6か月以上認められ、「最初の症状が25歳以下であること」「対称性に発汗がみられること」「睡眠中は発汗が止まっていること」「1週間に1回以上多汗のエピソードがあること」「家族歴がみられること」「それらによって日常生活に支障をきたすこと」の6症状のうち2項目以上あてはまる場合に、多汗症と診断されています。

最初の症状が25歳以下であること
対称性に発汗がみられること
睡眠中は発汗が止まっていること
1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
家族歴がみられること
それらによって日常生活に支障をきたすこと
※6症状のうち2項目以上あてはまる場合は多汗症

▼エクロックの注意点

「エクロック」は抗コリン作用があるため、閉塞隅角緑内障の患者や前立腺肥大による排尿障害がある患者は使用を控えましょう。

「エクロック」の主な副作用は適用部位の皮膚炎(6.4%)、紅斑(5.7%)、 瘙痒感(2.1%)等です。副作用全体の発現頻度は16.3%となっています。

1%以上 皮膚炎(6.4%)、紅斑(5.7%)、そう痒感、湿疹
1%未満 汗疹、散瞳、霧視、ALT増加、AST増加、γ-GTP増加、好酸球百分率増加

▼広告のキービジュアル

広告のビジュアルは、ワキ汗の悩みから解放されている女性。脇シミがついたシャツを投げ捨てることで、喜びを表現しています。非常に分かりやすくて、簡潔で、なおかつ美しいビジュアルに仕上がっています。

水虫の薬や脇汗の薬って下品になってしまいがちなのですが、カラフルなシャツの色合いや品の良い写真で、明るく前向きな雰囲気を作っています。

“ワキアガル”というキャッチコピーも「湧き上がる」と「脇が上がる」が掛かっていて秀逸ですね。

一般名:ソフピロニウム臭化物ゲル
製品名:エクロックゲル5%
原発性脇窩多汗症治療剤
科研製薬
2020年11月26日、新発売

関連記事

カテゴリー

ピックアップ

  1. ゼチーア/アトーゼット配合錠を発売

  2. リピディル/1日1回のリピディル錠がKey

  3. ミネブロ/第3世代のMR拮抗薬(アルドステロン拮抗薬)

  4. リバロ/スタチン初のOD

スポンサードリンク

コラム

  1. 不適切な広告事例

    先日、厚労省が「医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表しました。

人気の記事

  1. 進化する、ニューキノロン系薬クラビット適応菌種「肺炎クラミジア」「肺炎マイコプラズマ」が追加にな...
  2. 失われる思い、消えゆく記憶の絆。
スポンサードリンク